イベントを探す?

  • 2016年12月5日(月)

『Kamasi Washington来日公演』大阪会場

『Kamasi Washington来日公演』メインビジュアル
『Kamasi Washington来日公演』メインビジュアル

今また新たな黄金期を迎えるジャズ・シーンの象徴にしてスター、カマシ・ワシントンが遂に自身の名義でビルボードライブ初登場!

カマシは音楽一家に生まれ、10代の頃から地元ロサンゼルスの音楽コミュニティで育つ。地元の友人であるテラス・マーティンやブルーナー兄弟、4月のビルボード公演でのサプライス共演を果たしたブランドン・コールマンらとの交流のかたわら、ウェイン・ショーターやハービー・ハンコック、スヌープ・ドッグ等のバンドでもサックス奏者としてジャンルを超えて活躍。その後も、ケンドリック・ラマーやフライング・ロータス、ロバート・グラスパーなど、その才能に魅了されるアーティストは後を絶たない。そして、2015年、初のスタジオ・アルバムにして傑作『ザ・エピック』をリリース。そのスピリチュアルで壮麗な一大ジャズ絵巻は多くの音楽メディアで年間ベストに選出されるなど高い評価を獲得。カマシは現在、ジョン・コルトレーンらとも比較される“最も新しいジャズ・ジャイアント”の1人と目されている。

昨年の初来日、先日のフジロックに続き、現代ジャズの超巨星がいよいよその全貌をビルボードライブに現す!(Billboard Liveウェブサイトより)

『Kamasi Washington来日公演』大阪会場

2016年12月5日(月)
会場:大阪府 Billboard Live Osaka
料金:サービスエリア10,800円 カジュアルエリア9,800円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開