イベントを探す?

  • 2016年12月16日(金)〜2017年1月21日(土)

後藤靖香『必死のパッチ』

後藤靖香『机上の空砲』 2013年 部分
後藤靖香『机上の空砲』 2013年 部分

京都精華大学ギャラリーフロールでは、画家の後藤靖香による個展「必死のパッチ」"the patch of despair"を開催いたします。広島出身の後藤は、祖父や大叔父など親族の戦争体験に基づき、その過酷な時代を生き抜いた人々を大胆な構図とマンガ風の筆致で描いた作品で注目を集めました。近年では、造船所跡地や広島の原爆投下目標付近にあった小学校などを展示場所として、当時の人々の苦悩や葛藤、営みをテーマにした作品を手掛けています。

また、後藤の作品におけるもうひとつの特徴は、綿密なリサーチに制作時間のほとんどを費やす点にあります。当時の資料を集めるだけでなく、ときには描く対象の出身地に出向いて取材を行い、対象となる人物像が立ち上がるまで調査した上で、一気に筆を画面へと走らせます。記録と記憶を丹念に精査し、その人となりに迫ることで、過酷な時代にあっても人間臭く生きた人々のリアルな姿を表現しています。

本展では、祖父の軍服の徽章が京都の西陣織で作られていたことに着目した新作を発表するほか、《机上の空砲》《暗号模索》などの過去の代表作をギャラリーフロールの空間を活かして展示構成します。戦争という大きな歴史の流れの中で懸命に生きた人々の姿を描いた作品は、時代を超えて、いま私たちが生きていることとのつながりを感じさせてくれるはずです。(ギャラリーフロールウェブサイトより)

後藤靖香
『必死のパッチ』

2016年12月16日(金)~2017年1月21日(土)
会場:京都府 京都精華大学 ギャラリーフロール
時間:10:00~18:00
休廊日:日曜(12月18日は開館)、12月29日~1月4日、1月9日
料金:無料

続きを見る
  • 後藤靖香『机上の空砲』 2013年 部分
    後藤靖香『机上の空砲』 2013年 部分
  • 後藤靖香『机上の空砲』 2013年 部分
    後藤靖香『机上の空砲』 2013年 部分
  • 後藤靖香『暗号模索』
    後藤靖香『暗号模索』
  • 後藤靖香『机上の空砲』 2013年 鉛筆、墨、キャンバス/212(h)×430(w) cm×3点
    後藤靖香『机上の空砲』 2013年 鉛筆、墨、キャンバス/212(h)×430(w) cm×3点
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像