イベントを探す?

  • 2016年12月19日(月)

『STUDY』3号目リリースイベント

『STUDY』ロゴ
『STUDY』ロゴ

2014年に編集者の長畑宏明によって創刊されたインディペンデントファッションマガジン『STUDY』の3号目が、12月17日(土)にリリースされる。国内外のアートシーンで高い評価を受ける題府基之が撮影した巻頭企画「Instrumental」にはモデルとして女優の成海璃子が登場し、巻末企画「LoveStory」ではスタイリストの梶雄太がすべての写真を手がけるなど、前号以上に驚きのある内容に仕上がっている。なお、他には髙橋恭司が青柳文子をふくむ5人の若者を撮り下ろした「Hallelujah」や、NYC在住の日本人アーティストE-WAXによるストリートスナップなどを収録。

そして、『STUDY』3号目の発売にあわせ、12月19日(火)には青山のピザスライスでリリースイベントを開催することが決定。ゲストバンドに今年デビューアルバムを発表したTempalayを招き、限定の物販として『STUDY』特製のナイロン巾着も用意される予定。入場料は「ピザとドリンク」。ファッション、音楽のシーンで注目されるクリエイターが大集合する夜になること間違いなし。現場まで足を運んで、ぜひそのヴァイブスを自身で体感してみてほしい。(プレスリリースより)

『STUDY』3号目リリースイベント

2016年12月19日(月)
会場:東京都 表参道 ピザスライス2
出演:Tempalay
料金:ピザ1枚とドリンク1杯

  • 『STUDY』イメージビジュアル
    『STUDY』イメージビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開