イベントを探す?

  • 2016年12月20日(火)〜2017年3月12日(日)

エマージェンシーズ! 030 市原えつこ『デジタル・シャーマニズム――日本の弔いと祝祭』

市原えつこ『デジタルシャーマン・プロジェクト』 撮影:黒羽政士
市原えつこ『デジタルシャーマン・プロジェクト』 撮影:黒羽政士

「デジタル・シャーマニズム」では、市原えつこによる、日本の民間信仰とテクノロジーを融合させることをテーマに、「デジタルシャーマン・プロジェクト」および「都市のナマハゲ - NAMAHAGE in Tokyo(ISIDイノラボとの共同プロジェクト)」のふたつのプロジェクトを紹介します。

「デジタルシャーマン・プロジェクト」は、3Dプリンターで出力した故人の顔を装着した家庭用ロボットに、故人の言葉や身振りなどの身体的特徴を憑依させるプログラムを開発し、遺族と死後49日間を過ごすことで、新しい弔いの形を提案するものです。魔術や信仰、科学やテクノロジー、この両者は、相反するもののように見えて、どちらも「ここにはない何か」を現前させたり、そう感じさせたりする、という性質において、じつは極めて親和性が高く、近い場所にいるという考えにもとづいて、科学技術の発達した現代に、新しい祈りの形、葬り方の形を提案するものとして発想されました。

「都市のナマハゲ」は、秋田県男鹿市で200年以上伝承されてきた「ナマハゲ行事」が持っている、相互監視による集落の維持、子供から大人へのイニシエーション、家族の絆の強化といった機能を再解釈し、ソーシャルメディアによる相互監視や町中に張り巡らされた監視網により蓄積されたデータベースをもとに、都市に実装する試みです。(NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ウェブサイトより)

エマージェンシーズ! 030 市原えつこ
『デジタル・シャーマニズム――日本の弔いと祝祭』

2016年12月20日(火)~2017年3月12日(日)
会場:東京都 初台 NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
時間:11:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、2月12日
入場料:無料

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー