イベントを探す?

  • 2016年12月24日(土)〜

『ワイルド わたしの中の獣』

『ワイルド わたしの中の獣』 ©2014 Heimatfilm GmbH + Co KG
『ワイルド わたしの中の獣』 ©2014 Heimatfilm GmbH + Co KG

映画『ワイルド わたしの中の獣』は、自宅近くの森で見かけたオオカミに心を乱されて執着し、やがて自宅で共に暮らすようになるヒロイン・アニアを描いた作品。オオカミを捕らえて自宅の高層マンションに連れ込み、まるで恋人のように愛し始めたアニアが、次第に野性に取り込まれ、人間として常軌を逸した行動をとるよういなるというあらすじだ。

上司ボリスにこき使われる冴えない日々を送っていたが、オオカミとの共同生活によって野生化していくアニア役を演じるのは、『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』などに出演したリリト・シュタンゲンベルク。アニアの変化に関心を寄せ、彼女と関係を持つボリス役をゲオルク・フリードリヒ、アニアの妹役をサスキア・ローゼンダールが演じる。

監督・脚本を務めたのは、女優としても活動するニコレッテ・クレビッツ。同作はR-15指定の作品となる。

『ワイルド わたしの中の獣』

2016年12月24日(土)から新宿シネマカリテほかで公開
監督・脚本:ニコレッテ・クレビッツ
出演:
リリト・シュタンゲンベルク
ゲオルク・フリードリヒ
サスキア・ローゼンダール
配給:ファインフィルムズ

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」