イベントを探す?

  • 2016年12月31日(土)

『FUTURE TERROR 2016-2017』

代官山UNIT/SALLON/UNICEは昨年末に続きFUTURE TERRORで新年を迎えます。

第一弾としてすでに発表されているFUTURE TERROR主宰兼レジデントのDJ NOBUとアメリカ・サンフランシスコのDJ SOLARの2人に加え、各フロア別・フルラインナップがいよいよ発表!

まず[B2F UNIT]には最近モジュラーシンセサイザーを導入し、驚愕のアシッドサウンドを披露する新生KUNIYUKIと、今年最も頭角を現したアルペジオマスターWATA IGARASHIがライブ出演します。DJはサンフランシスコのDJ Solarによる4時間セットとDJ NOBUとGONNO、そしてここ数年FUTURE TERRORのクロージングを担うFTレジデントのHARUKAが出演します。また今回のパーティカラーに最も適したVJには新たな地平を切り開き始めたColoGraPhonic(COSMIC LAB)の出演が決定しました。

[B1F Unice]は岡山から世界中から注目をうけるミュータントハウサーKEITA SANOによるライブと、安定感抜群のベテランDJ CHIDA、FT初登場となるElli Arakawa、Mustache X、福岡からDJ NOB、2年連続出場のDAZE OF PHAZE主催KABUTO、同じく2年連続となるYou Forgot(UGFY)、TAI T. RAM(terminus.)が出演します。

[B3F Saloon]には2016年は過去音源の再編集盤のリリースを行うなど活動の節目を迎えたドローン作家hakobuneと、今年DJ Sprinkles(akaテーリテムリッツ)のレーベルから2枚組アルバム[Long Trax]をリリースしたWill Long(a.k.a.Celer)によるスペシャルユニットと、ディープエレクトロニックアーティストRyo Murakamiによる2組のライブ出演が決まりました。DJ陣はTAKAAKI ITOH、IORI、札幌PRECIOUS HALLでのパーティー"ARCHIV"を主催するOCCA、KURI、MNML SSGSのChris SSG、FUTURE TERROR第三の男KURUSUが出演します。

タイムテーブル発表はクリスマス頃を予定しています。お楽しみに!(UNITウェブサイトより)

『FUTURE TERROR 2016-2017』

2016年12月31日(土)
会場:東京都 代官山 UNIT、UNICE、Saloon
出演:
[UNIT]
KUNIYUKI
Wata Igarashi(Midger)
SOLAR(No Way Back、Sunset)
DJ NOBU(Future Terror、Bitta)
GONNO(WC、International Feel、Endless Flight)
HARUKA(Future Terror、Twinpeaks)
VJ:ColoGraPhonic(Cosmic Lab)
[UNICE]
KEITA SANO
CHIDA(ENE)
KABUTO(DAZE OF PHAZE、LAIR)
Elli Arakawa
Mustache X(Fake Eyes Production)
NOB(DeSIRE)
You Forgot(UGFY)
TAI T. RAM(terminus.)
[Saloon]
Hakobune + Will Long(aka Celer)
Ryo Murakami(Depth of Decay)
TAKAAKI ITOH(WOLS、RESIDENCE)
KURI(BLACK FOREST)
IORI(Bitta、Semantica)
OCCA(ARCHIV、HYBRID)
Chris SSG(mnml ssgs)
KURUSU(Future Terror)
料金:前売3,000円 当日4,000円

続きを見る
  • 『FUTURE TERROR 2016-2017』フライヤービジュアル
    『FUTURE TERROR 2016-2017』フライヤービジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開