イベントを探す?

  • 2017年1月5日(木)〜2017年1月31日(火)

澁木智宏『線分』

澁木智宏『線分』イメージビジュアル ©Tomohiro Shibuki
澁木智宏『線分』イメージビジュアル ©Tomohiro Shibuki

ウールを中心とした作品制作を主に行い、近年は国内外で作品発表の場を広げているアーティスト・澁木智宏の個展「線分」を、12月14日から19日まで東京の「ポッケ」(東京都杉並区高円寺)で、出身地である北海道のクラークギャラリー+SHIFTで新年1月5日から31日まで開催します。

本展では、澁木智宏がライフワークとして制作し続けている羊毛の石「ici」の作品群を展示します。固そうで柔らかい、重そうで軽い、視覚と触覚のギャップは、人々を笑顔にしながら、空気のように常に身の回りにある石という存在に改めて目を向けさせてくれます。

本展のタイトルでもある作品「線分」は、風化されて小さくなっていく石の時の経過を可視化したもの。ギャラリーの空間には、ウールで制作された石庭も出現します。日本には石を用いて大いなる自然観を表現してきた文化があります。何かを見立て愛でるという、日本人の根底にあるものの捉え方を身近に感じてください。(クラークギャラリー+SHIFTウェブサイトより)

澁木智宏
『線分』

2017年1月5日(木)~1月31日(火)
会場:北海道 クラークギャラリー+SHIFT
時間:11:00~19:00
休廊日:月曜(祝日を除く)、第三火曜日、1月10日
料金:無料

  • 澁木智宏『線分』イメージビジュアル ©Tomohiro Shibuki
    澁木智宏『線分』イメージビジュアル ©Tomohiro Shibuki
  • 澁木智宏『線分』イメージビジュアル ©Tomohiro Shibuki
    澁木智宏『線分』イメージビジュアル ©Tomohiro Shibuki
  • 澁木智宏『線分』イメージビジュアル ©Tomohiro Shibuki
    澁木智宏『線分』イメージビジュアル ©Tomohiro Shibuki
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表