イベントを探す?

  • 2017年1月12日(木)

『アンチポルノ』公開×「クラーナハ」展開催記念企画 園子温×新藤淳『女のちから、イメージのちから~美術館と映画館で出会う、表現者の「ちから」』

現在、東京・上野の国立西洋美術館で、「クラーナハ展―500年後の誘惑」が開催されています。また、2017年1月28日より「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」として撮影された、園子温さんの『アンチポルノ』が新宿武蔵野館をはじめ、全国で順次公開されます。

「クラーナハ展」『アンチポルノ』。絵画と映画というジャンルのみならず、時代や国、文化的背景も異なります。しかし、どちらからも「エロス」、「女のちから」、そして「イメージのちから」が見る者に襲いかかってきます。

クラーナハは16世紀にドイツで活躍をした画家で、裸体表現を発展させたと言われています。さまざまな主題を描きましたが、中でも、女性の身体的な魅力や性的な誘惑によって男性が堕落ないし破滅に陥る物語を好み、古代神話や旧約聖書、新約聖書、寓話などから、「女のちから(Weibermacht)」と呼ばれているテーマをくり返し採り上げました。彼が描く「女のちから」は不思議かつ妖艶で、時に恐怖をも漂わせます。

ロマンポルノは女のちからとイメージのちからが働き、鑑賞者を誘惑する映画であるといえるでしょう。『アンチポルノ』について、園さんは「センチメンタルな意味でのポルノは壊滅した。そんな中で女性の裸がどのように消費されるか、女性の権利と自由とは何かを考えて撮った」と言います。そんな想いで撮られた本作は、極彩色かつファンタジックな世界で、少女の妄想と現実が入り乱れる本作は、ストーリーだけでなく、視覚的に強烈なイメージが襲ってきます。

わたしたちは、これらの作品に対峙するとき、作品に漂う妖しさに知らず知らずのうちに、魅了されている自分がいることに気づくのではないでしょうか。果たして、画面の中の「女のちから」に惑わされているのか、それとも作品が放つ「イメージのちから」に誘惑されているのか。鑑賞者は2重の誘惑にどぎまぎするかもしれません。

では、女のちからとイメージのちからが重なる瞬間は、どのような時に訪れるのでしょうか。園さんと、そしてクラーナハはどのように作品の「ちから」を作り上げているのでしょうか。

今回は、園子温さんに『アンチポルノ』について、新藤淳さんに「クラーナハ」「クラーナハ展」についてじっくりとお話いただき、園さんの作品とクラーナハの作品が放つ「ちから」に迫りながら、映画監督と学芸員の視線で、「女のちからとイメージのちから」について深く掘りさげて考えていきます。ジャンルも、時代も国も越えて、作品が持つ「ちから」はどこから来るのか、芸術の強さの根源を考える機会にもできたらと思います。(青山ブックセンターウェブサイトより)

『アンチポルノ』公開×「クラーナハ」展開催記念企画
園子温×新藤淳『女のちから、イメージのちから~美術館と映画館で出会う、表現者の「ちから」』

2017年1月12日(木)
会場:東京都 表参道 青山ブックセンター 本店 大教室
出演:
園子温
新藤淳
料金:1,944円

続きを見る
  • 園子温
    園子温
  • 新藤淳
    新藤淳
  • 『ANTIPORNO』ポスタービジュアル ©2016 日活
    『ANTIPORNO』ポスタービジュアル ©2016 日活
  • 『クラーナハ展―500年後の誘惑』ポスタービジュアル
    『クラーナハ展―500年後の誘惑』ポスタービジュアル
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る