イベントを探す?

  • 2017年1月14日(土)〜2017年1月20日(金)

『イスラーム映画祭2』東京会場

『イスラーム映画祭2』メインビジュアル
『イスラーム映画祭2』メインビジュアル

2015年に開催された『イスラーム映画祭』に連なる上映企画『イスラーム映画祭2』。オープニング作品として、ムスリムとキリスト教徒が半数ずつ暮らすレバノンの小さな村を舞台に、争いを止めようとする村の女性たちの姿を描いた『私たちはどこに行くの?』が上映される。

さらに、結婚を機に仏教からイスラームに改宗した女性を描いたタイ映画『改宗』、ムスリムの少年とカトリックの神父の交流を描くイラン映画『マリアの息子』、ムバーラク政権打倒時のエジプト・カイロを舞台にした『敷物と掛布』などがラインナップ。期間中にはゲストを招いたトークセッションも実施する。

なお『イスラーム映画祭2』は1月21日から愛知・名古屋シネマテーク、3月25日から兵庫・神戸の元町映画館でも開催される。ラインナップは会場によって一部異なる。タイムテーブルの詳細は『イスラーム映画祭2』のオフィシャルサイトで確認しよう。

『イスラーム映画祭2』東京会場

2017年1月14日(土)~1月20日(金)
会場:東京都 渋谷 ユーロスペース
上映作品:
『私たちはどこに行くの?』(監督:ナディーン・ラバキ)
『敷物と掛布』(監督:アハマド・アブダッラー)
『泥の鳥』(監督:タレク・マスゥド)
『蝶と花』(監督:ユッタナー・ムクダーサニット)
『改宗』(監督:パーヌ・アーリー、コン・リッディー)
『バーバ・アジーズ』(監督:ナーセル・ヘミール)
『十四夜の月』(監督:M・サーディク)
『マリアの息子』(監督:ハミド・ジェベリ)
『ミスター&ミセス・アイヤル』(監督:アパルナ・セン)
料金:一般1,300円 大学・専門生・シニア1,100円 高校生800円 中学生500円 3回券3,300円

続きを見る
  • 『私たちはどこに行くの?』
    『私たちはどこに行くの?』
  • 『改宗』
    『改宗』
  • 『マリアの息子』
    『マリアの息子』
  • 『敷物と掛布』
    『敷物と掛布』
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く