イベントを探す?

  • 2017年1月16日(月)〜2017年1月28日(土)

山城知佳子とサンドラ・ラモス『海の庭』

山城知佳子『アーサ女』より 2008年 ©Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
山城知佳子『アーサ女』より 2008年 ©Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

沖縄出身の山城知佳子による《アーサ女》と、キューバ出身のサンドラ・ラモスによる《あらゆるところの水は悪い環境》には、どちらも作家の身体がそれぞれの出自である島の姿となり、海に浮かんで、漂流しているイメージが描かれている。

「アメリカの裏庭」とも呼ばれるカリブ海を、「悪い環境の水」に囲まれて漂うキューバ島になった自身の姿を描くラモスは、キューバを生きる人々が島国である自国の状況に対し、ナルシスティックな自己言及に陥っている状況を批判的に描く。同時にトランクや水槽を用いたシリーズにおいて、命の危険をおかしながら小さないかだに乗って、他国へと亡命する人々の苦悩や夢を、海を漂流するトランクや水槽の中に詰め込んだ。それは「裏庭」の中に、自身の「庭」を取り戻そうとする人々の切実な願いのように思える。

山城は「墓庭シリーズ」と呼ばれる、沖縄特有の「庭」を併設する亀甲墓をモチーフにした作品群において、死者と生者が交わる場としての「庭」に豊かさを見いだす。不謹慎だという批判を浴びながらも「強烈に生きている」ということを示すように墓の前で踊り狂う山城は、墓庭シリーズののち、基地があるゆえに残された自然の浜である「黙認浜」と出会い、そこから海へと飛び込んでいく。海へと身体を横たえた最初の作品である《アーサ女》は、沖縄の海岸近くに群生するアオサ(海藻)の中で、浮き沈みしつつ、沖縄=自身を見つめるアーサ女のナルシスティックな視点を描きだしている。映像からは海を漂う山城の息苦しい呼吸の音が聞こえ、そこでも山城は、墓庭と同様に生死の際で「強烈に生きる」自身の身体をさらけ出す。

どちらの島も大国に翻弄され、住民たちは土地の強制接収や移住を強いられてきた。さらには豊かな自然、芸能を有する観光地として、異郷としてまなざされてきた存在でもある。《アーサ女》と《あらゆるところの水は悪い環境》におけるナルキッソス的セルフポートレートとはたんに神話的な自己愛のイメージであるよりもむしろ、たえず見られる存在として生きざるをえない「沖縄」「キューバ」を生きる人々のナルシスト的性格が投影されている。

精神的な意味も含めた「難民化」を強いられて島で暮らす人びとにとって、島の外が他所であるだけでなく自分の暮らす島もまた他所なのであり、波打ち際や海を漂っているイメージは、そこに追いやられるというネガティブな状態から、必死に生の場を模索し、水辺に「庭」のような生と死の交差する居場所を見出しているように見える。海を漂うイメージは島の内部に留まるのではなく、また外部へと隔たりを越えていくのでもない形で、内と外の隔たりをそのままに生きていくという意思があらわれているのではないか。

本展では、沖縄とキューバという遠く離れた島をテーマに、互いに近接するイメージを視覚化する2名の作家を紹介する。(プレスリリースより)

山城知佳子とサンドラ・ラモス
『海の庭』

2017年1月16日(月)~1月28日(土)
会場:東京都 表参道画廊
時間:12:00~19:00
休廊日:日曜
料金:無料

  • Sandra Ramos『あらゆるところの水は悪い環境』1993年 エッチング
    Sandra Ramos『あらゆるところの水は悪い環境』1993年 エッチング
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年