イベントを探す?

  • 2017年1月28日(土)〜2017年2月24日(金)

『愛と哀しみの迷宮 メロドラマの深き谷を歩め』

映画美学校のメロドラマ上映イベント『キス・マイ・ステラ・ダラス』とシネマヴェーラ渋谷が企画するメロドラマ映画の特集上映。上映作品にはアルフレッド・ヒッチコック監督の『断崖』、木下恵介監督の『永遠の人』、新藤兼人監督の『銀心中』、ダグラス・サーク監督の『わが望みのすべて』、オリヴィエ・アサイヤス監督の『感傷的な運命』など26本がラインナップしている。上映スケジュールなどの詳細はシネマヴェーラ渋谷のオフィシャルサイトで確認しよう。

『愛と哀しみの迷宮 メロドラマの深き谷を歩め』

2017年1月28日(土)~2月24日(金)
会場:東京都 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『高原の情熱』(監督:ジャン・グレミヨン)
『猟銃』(監督:五所平之助)
『別れて生きるときも』(監督:堀川弘通)
『永遠の人』(監督:木下恵介)
『愛の勝利』(監督:エドマンド・グールディング)
『麦笛』(監督:豊田四郎)
『模倣の人生』(監督:ジョン・M・スタール)
『わが望みのすべて』(監督:ダグラス・サーク)
『幸福はあの星の下に』(監督:杉江敏男)
『乱れる』(監督:成瀬巳喜男)
『京化粧』(監督:大庭秀雄)
『花の咲く家』(監督:番匠義彰)
『銀心中』(監督:新藤兼人)
『湖の琴』(監督:田坂具隆)
『断崖』(監督:アルフレッド・ヒッチコック)
『ガス燈』(監督:ジョージ・キューカー)
『みれん』(監督:千葉泰樹)
『夜の片鱗』(監督:中村登)
『忘れじの面影』(監督:マックス・オフュルス)
『たそがれの女心』(監督本:マックス・オフュルス)
『愛情の都』(監督:杉江敏男)
『妻という名の女たち』(監督:筧正典)
『密会』(監督:中平康)
『濡れた逢びき』(監督:前田陽一)
『あなたの目になりたい』(監督:サッシャ・ギトリ)
『感傷的な運命』(監督:オリヴィエ・アサイヤス)

続きを見る
  • 『断崖』
    『断崖』
  • 『わが望みのすべて』
    『わが望みのすべて』
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー