イベントを探す?

  • 2017年2月18日(土)〜2017年3月10日(金)

『35mmフィルム映画祭』

この度、神戸市内映画館協力のもと、神戸開港150年記念事業「35mmフィルム映画祭」を開催する運びとなりました。

映画が生まれて122年。神戸市は、日本で初めて映画が上陸した街であり、創業70年を迎えるOSシネマズをはじめ、シネマコンプレックス、ミニシアター、名画座まで個性豊かな映画館が、今なお数多く元気に営業を続けています。また、市内のほとんどの映画館で35mmフィルム映写機を残し、今主流となっているデジタル上映だけでなく、往年のファンには懐かしく、若年層には新鮮でめずらしい35mmフィルム上映も可能です。

本映画祭は、そんな特色を生かした、日本で初めての、シネマコンプレックスを含む映画館合同主催の映画祭です。普段使用されなくなった映写機に再び火を灯し、“映画のまち、神戸”にふさわしい、バラエティ豊かなラインナップと劇場の魅力をアピールすること。そして、全国の幅広い層にスクリーンに足を運んでいただき、映画館体験を楽しんでいただくことが目的です。

また、神戸市内12館すべての映画館が一目でわかる地図と、各劇場の詳しい紹介2ページ、また神戸市出身の気鋭アーティストのコーナーなども掲載された、冊子「神戸シネマ・マップ」を制作し、全国に配布いたします。

さらに、映画祭開催期間中には、ワークショップやスタンプラリー、オリジナル顔はめパネル、映画祭公式HPで各館近隣のショップを紹介するなど、映画と一緒に街巡りをお楽しみ頂く企画も盛りだくさんです。

さらに、映画祭期間中には、神戸開港150年記念イメージキャラクターである、戸田恵梨香さんの映画祭へ向けた応援メッセージも各館にて上映し、【神戸フィルムオフィスPresents】として、神戸市内で撮影が行われた作品の上映もございます。(プレスリリースより)

『35mmフィルム映画祭』

2017年2月18日(土)~3月10日(金)
会場:兵庫県 神戸エリア各所
上映作品:
『ニュー・シネマ・パラダイス』(監督:ジュゼッペ・トルナトーレ)
『阪急電車 片道15分の奇跡』(監督:三宅喜重)
『シベールの日曜日』(監督:セルジュ・ブールギニョン)
『クレイマー、クレイマー』(監督:ロバート・ベントン)
『繕い裁つ人』(監督:三島有紀子)
『甘い生活』(監督:フェデリコ・フェリーニ)
『ラスト・ワルツ』(監督:マーティン・スコセッシ)
『黒蜥蜴』(監督:深作欣二)
『青春の風』(監督:西村昭五郎)
『Smoke』(監督:ウェイン・ワン)
ほか
※例外日程あり

続きを見る
  • 『35mmフィルム映画祭』フライヤービジュアル
    『35mmフィルム映画祭』フライヤービジュアル
  • 『甘い生活』©RIAMA FILM Roma / CINECITTA / PATHE CONSORTIUM CINEMA Paris
    『甘い生活』©RIAMA FILM Roma / CINECITTA / PATHE CONSORTIUM CINEMA Paris
  • 『ニュー・シネマ・パラダイス』©1989 CristaldiFilm
    『ニュー・シネマ・パラダイス』©1989 CristaldiFilm
  • 『神戸シネマ・マップ』表紙
    『神戸シネマ・マップ』表紙
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開