イベントを探す?

  • 2017年2月18日(土)〜2017年3月5日(日)

Exhibition as Media 2016-2017『とりのゆめ / bird's eye』

アーティストと施設が協働して展覧会を創り上げるExhibition as media 2016-2017「とりのゆめ / bird's eye」が神戸アートビレッジセンター(KAVC)で開催される。

出品作家は、地域の歴史を掘り起こし、再編集して作品を発表する美術家・伊達伸明氏と、建築をベースに活動する建築リサーチャーグループのRAD木村慎弥氏、リサーチ&ドュメンテーションに同じくRADの榊原充大氏。展覧会では、KAVCの建つ新開地をテーマに、まちを楽しむ手法として編み出された「しらんけど考古術」という新しい切り口を提示するという。

時として荒唐無稽な民話や昔話の方が史実よりも土地への親近感を喚起することがあるが、この手法は現代の事象からさかのぼって創作した「地域の誕生秘話」をもとに、空想の翼を持って今の風景情報の見方を探るという試みになる。

いま何がリアルで何がフェイクなのか。アーティストによって生み出された新しい切り口により、過去/現在、事実/空想を軽やかに行き来しながら展覧会を読み解くことで、その境界について考察する。(プレスリリースより)

Exhibition as Media 2016-2017
『とりのゆめ / bird's eye』

2017年2月18日(土)~3月5日(日)
会場:兵庫県 神戸アートビレッジセンター
時間:12:00~19:00
出展作家:
伊達伸明
木村慎弥
リサーチ&ドキュメンテーション:榊原充大
休館日:火曜
料金:無料

続きを見る
  • Exhibition as Media 2016-2017『とりのゆめ / bird's eye』チラシビジュアル
    Exhibition as Media 2016-2017『とりのゆめ / bird's eye』チラシビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像