イベントを探す?

  • 2017年2月18日(土)〜2017年3月5日(日)

Exhibition as Media 2016-2017『とりのゆめ / bird's eye』

アーティストと施設が協働して展覧会を創り上げるExhibition as media 2016-2017「とりのゆめ / bird's eye」が神戸アートビレッジセンター(KAVC)で開催される。

出品作家は、地域の歴史を掘り起こし、再編集して作品を発表する美術家・伊達伸明氏と、建築をベースに活動する建築リサーチャーグループのRAD木村慎弥氏、リサーチ&ドュメンテーションに同じくRADの榊原充大氏。展覧会では、KAVCの建つ新開地をテーマに、まちを楽しむ手法として編み出された「しらんけど考古術」という新しい切り口を提示するという。

時として荒唐無稽な民話や昔話の方が史実よりも土地への親近感を喚起することがあるが、この手法は現代の事象からさかのぼって創作した「地域の誕生秘話」をもとに、空想の翼を持って今の風景情報の見方を探るという試みになる。

いま何がリアルで何がフェイクなのか。アーティストによって生み出された新しい切り口により、過去/現在、事実/空想を軽やかに行き来しながら展覧会を読み解くことで、その境界について考察する。(プレスリリースより)

Exhibition as Media 2016-2017
『とりのゆめ / bird's eye』

2017年2月18日(土)~3月5日(日)
会場:兵庫県 神戸アートビレッジセンター
時間:12:00~19:00
出展作家:
伊達伸明
木村慎弥
リサーチ&ドキュメンテーション:榊原充大
休館日:火曜
料金:無料

続きを見る
  • Exhibition as Media 2016-2017『とりのゆめ / bird's eye』チラシビジュアル
    Exhibition as Media 2016-2017『とりのゆめ / bird's eye』チラシビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー