イベントを探す?

  • 2017年2月18日(土)〜2017年3月25日(土)

『トランス/リアル − 非実体的美術の可能性 vol.7 田中和人』

田中和人『pLastic_fLowers』2017
田中和人『pLastic_fLowers』2017

「トランス/リアル」は、第一幕「トランス/モダン」3部作(第1回~第3回)、第二幕「ポスト/リアル」カルテット(第4回+第5回)、第三幕「トランス/リアル」ダブル・ミーニング(第6回+第7回)と展開し、いよいよ最終回を迎える。現実(リアル)を直接表現することは不可能であり、世界を把握するために要請されるのが、媒体(メディウム)である。ここで、現実(リアル)が、超現実(スーパー/リアル)、極超現実(ハイパー/リアル)として立ち現れる時、モダニズム的規定を更新する「トランス/メディウム」の可能性が示唆される。

田中が手がけるシリーズの中で、筆者が最も興味をひかれるのは<GOLD SEES BLUE>と<blocks(light)>である。前者は、薄い金箔を透かして風景を撮影した写真。青みを帯びた色彩と柔らかな光に特徴がある。後者は、ペイントされた木片を、極端にフォーカスをはずして撮影した写真。色彩の浸透、物体の認識、空間の把握に特徴がある。前者においては、金箔がフィルターとして機能している。後者においては、カメラと被写体の間の曖昧な空間がフィルターとして機能している。このフィルター機能を手がかりとして、今回展示される<pLastic_fLowers>へとアプローチしてみたい。

<pLastic_fLowers>における透明板は、金箔が透明化して厚みをもったもの、花とカメラの間の曖昧な空間が圧縮されて出現したもの、と捉えられる。<GOLD SEES BLUE>においては面的な把握に、<blocks(light)>においては空間的な把握に、それぞれ溶け込んでいるフィルター機能が、意識的に対象化される。「意識的に見ること」と「見ることを可能な限り自動化すること」が重なり、見るべき対象と、見ている行為が多重化する。田中が花の「見え」を描画することにより、透明板は「意志を持ったフィルター」のように機能する。その「フィルターの意志」は、作家である田中の領域に介入し、スリリングな様相を呈している。当初はコンセプトによって明快に統御されていた<pLastic_fLowers>が、ここへきて、そのコンセプトをおびやかすような視覚の瓦解を告げ始めている。

被写体、透明板、カメラの「位置=position」が互換性を帯び、視覚情報の入力から認識の形成へと至る過程において「知覚=Perception」が更新される。この「知覚の更新」は、田中が述べる「認識のプロセスを引き延ばすこと」と不可分である。<pLastic_fLowers>によって成立する視覚から逆説的に導かれる現実感は、被写体の「リアル」を超えた次元を垣間見せる。その次元において体験される「Transpose/Perception」という時空間から、「トランス/リアル」を逆照射することにより、「非実体的美術の可能性」が浮上してくることを期待したい。(梅津元コメント・gallery αMウェブサイトより)

『トランス/リアル − 非実体的美術の可能性 vol.7 田中和人』

2017年2月18日(土)~3月25日(土)
会場:東京都 馬喰町 gallery αM
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている