イベントを探す?

  • 2017年3月1日(水)〜2017年3月13日(月)

草野庸子『EVERYTHING IS TEMPORARY』

アルコールを飲み過ぎて酷く頭が重い翌日は大抵決まっていつかの遠いところへ思いを馳せる。

中華屋の赤いテーブルに染み付いた汚れ、履き潰したスニーカー、風に揺れて凪いだ枝、刷り硝子の向こうで青く明ける夜、死んだ花、車窓から見えたピンク色の屋根、雨の匂いのする古い廊下。

いつの情景だろうか、そこに時間軸はなくイメージだけがこびりついている。奥歯にずっと砂がつまっているようなその感覚は、じゃりじゃりと少しづつ不快に私を追い詰める。

写真に写してしまうと今、目の前にあるものでさえとても遠く感じることがある。本当は何もかもが初めから遠く、日々の中ではそれに気付かない、もしくは気が付かないふりをしているだけなのか。写真によってその距離を一枚の真実として突きつけられた時、私は果てのない宇宙に一人取り残されているような気分になるのだ。

雑音が混ざり合った中にある一瞬の寂しさ/ノイズの中にふと現れる冷たさ

あらゆる場所でたくさんの人々が生まれ、それぞれの人生を送る。一時的な喜びも慢性的な悲しみもすべてを過去にしながら働き、暮らし、そして死んでいく。

忘れることは死よりも遠く、未来はここにある。

この度、私自身二冊目となる写真集のリリースに伴い展示をさせていただきます。線路沿いの日当たりの良い素敵なギャラリーです。皆様ぜひお越しくださいませ。(草野庸子ステートメント・QUIET NOISE arts and breakウェブサイトより)

草野庸子
『EVERYTHING IS TEMPORARY』

2017年3月1日(水)~3月13日(月)
会場:東京都 池ノ上 QUIET NOISE arts and break
時間:11:00~20:00
定休日:火曜
料金:無料

  • 草野庸子『EVERYTHING IS TEMPORARY』イメージビジュアル
    草野庸子『EVERYTHING IS TEMPORARY』イメージビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー