イベントを探す?

  • 2017年3月11日(土)〜

『牯嶺街少年殺人事件』

『牯嶺街少年殺人事件』 ©1991 Kailidoscope
『牯嶺街少年殺人事件』 ©1991 Kailidoscope

1992年に日本公開された『牯嶺街少年殺人事件』は、BBCが1995年に発表した「21世紀に残したい映画100本」に台湾映画として唯一選出され、昨年には『釜山国際映画祭』の「アジア映画ベスト100本」第7位に選ばれるなど高い評価を獲得している作品。1960年代の台北を舞台に主人公の少年スーの淡い恋心や、彼を巻き込んだ不良グループの激しい抗争が描かれる。

日本では約25年ぶりの公開となる今回は、3時間56分のデジタルリマスター版を上映する。

『牯嶺街少年殺人事件』

2017年3月11日(土)から角川シネマ有楽町ほか全国公開
監督:エドワード・ヤン
出演:
チャン・チェン
リサ・ヤン
チャン・クオチュー
配給:ビターズ・エンド

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)