イベントを探す?

  • 2017年3月11日(土)〜2017年4月7日(金)

『イタリア・ネオ+クラシッコ映画祭 2017』

映画が産声を上げてから一世紀余、スクリーンに映し出される世界のかたちは変化を遂げ続けている。誕生のその時から映画は地球人の目を瞠らせてきたが、歴史や世界の動きや時の流れや風向きや、人々の興味や意志や考えや想像力を反映しながら様々な表現を生み出し、驚かせたり感動させたり、あるいは頭をひねらせたりしてきた。

イタリアでも、フォトジェニックな風土を舞台に繰り広げられる者たちの人間臭い物語に、映画は大いなる力を与えた。市民の理想や自由への思いと希望が込められた闘いや挫折に目を向けて戦後の厳しい現実を描いたロッセリーニやデ・シーカのネオレアリズモ。その母胎から生まれ、思いのままに天賦の才を奮ってイタリア映画の黄金時代を築いた、本国では“聖なる怪物”と呼ばれるフェリーニら巨匠たち。その高い芸術性と対をなし、時に下品さもバカバカしさをも厭わない“笑い”を武器に、飽食化しつつある中産階級の何とも人間的な欠陥を奔放にえぐってみせたピエトランジェリのイタリア式喜劇。時代を捉える多様な視点や潮流、様式が生まれ、個性が際立つ映像作家の多くは、一人一ジャンルに匹敵するスタイルを編み出し続ける。

そして今、21世紀のイタリア映画はかつての巨匠たちと対峙する創造力をとり戻した。ガッローネ、ソレンティーノを筆頭に、気鋭の作家たちが観る者を新たな現実、新たな世界観へと誘う。

現在進行形の、新たな古典と呼べる彼らの作品と、今尚、色褪せるどころかかけがえのない記憶を甦らせ、時を経てさらにまばゆい輝きとともに浮かび上がる古典作品――誰しもが一度は心揺さぶられた名画に加え、これまで十分に顧みられることのなかった数知れぬ銘品があり、そんな掘り出し物との出会いも、この映画の旅のとっておきの魅力だ。そんな古今の傑作をともに観る時にきっと生まれるはずの脳内作用を楽しみにしよう。(岡本太郎コメント・『イタリア・ネオ+クラシッコ映画祭 2017』ウェブサイトより)

『イタリア・ネオ+クラシッコ映画祭 2017』

2017年3月11日(土)~4月7日(金)
会場:東京都 YEBISU GARDEN CINEMA
上映作品:
『無防備都市』(監督:ロベルト・ロッセリーニ)
『戦火のかなた』(監督:ロベルト・ロッセリーニ)
『自転車泥棒』(監督:ヴィットリオ・デ・シーカ)
『ウンベルトD』(監督:ヴィットリオ・デ・シーカ)
『青春群像』(監督:フェデリコ・フェリーニ)
『狂った夜』(監督:マウロ・ボロニーニ)
『汚れなき抱擁』(監督:マウロ・ボロニーニ)
『激しい季節』(監督:ヴァレリオ・ズルリーニ)
『鞄を持った女』(監督:ヴァレリオ・ズルリーニ)
『わが青春のフロレンス』(監督:マウロ・ボロニーニ)
『三月生れ』(監督:アントニオ・ピエトランジェリ)
『気ままな情事』(監督:アントニオ・ピエトランジェリ)
『愛の果てへの旅』(監督:パオロ・ソレンティー)
『もうひとりの男』(監督:パオロ・ソレンティーノ)
『ロベレ将軍』(監督:ロベルト・ロッセリーニ)
『暗殺の森』(監督:ベルナルド・ベルトルッチ)
『フェリーニの道化師』(監督:フェデリコ・フェリーニ)
『ゴモラ』(監督:マッテオ・ガッローネ)

続きを見る
  • 『イタリア・ネオ+クラシッコ映画祭 2017』フライヤービジュアル
    『イタリア・ネオ+クラシッコ映画祭 2017』フライヤービジュアル
  • 『無防備都市』
    『無防備都市』
  • 『青春群像』
    『青春群像』
  • 『狂った夜』
    『狂った夜』
  • 『自転車泥棒』 ©Licensed by COMPASS FILM SRL – Rome – Italy. All Rights reserved.
    『自転車泥棒』 ©Licensed by COMPASS FILM SRL – Rome – Italy. All Rights reserved.
  • 『暗殺の森』
    『暗殺の森』
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される