イベントを探す?

  • 2017年3月16日(木)〜2017年3月19日(日)

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『カーネーション―NELKEN』

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『カーネーション―NELKEN』イメージビジュアル ©Ulli Weiss
ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『カーネーション―NELKEN』イメージビジュアル ©Ulli Weiss

舞台一面を埋め尽くす無数のカーネーション。そこに現れた一人のダンサーが、ガーシュウィンの『私の愛する人』を手話で踊る――1989年の来日公演が多くの人に衝撃を与え、『カフェ・ミュラー』『春の祭典』『KONTAKTHOF-コンタクトホーフ』に並び、伝説として語り継がれてきた『カーネーション―NELKEN』が28年振りに再来日する。ダンスと演劇が共生する<タンツテアター>というこれまでにない手法で、話題作を次々に発表し、2009年惜しくも逝去したピナ・バウシュ。その精神を踊り継ぎ、今も精力的に公演を続けるヴッパタール舞踊団による必見の舞台!(彩の国さいたま芸術劇場ウェブサイトより)

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団
『カーネーション―NELKEN』

2017年3月16日(木)~3月19日(日)
会場:埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
演出・振付:ピナ・バウシュ
出演:ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団
料金:
一般 S席11,000円 A席7,000円 B席5,000円
25歳以下 S席7,000円 A席5,000円 B席3,000円

続きを見る
  • ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『カーネーション―NELKEN』イメージビジュアル ©Jochen Viehoff
    ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『カーネーション―NELKEN』イメージビジュアル ©Jochen Viehoff
  • ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『カーネーション―NELKEN』イメージビジュアル ©Ursula Kaufmann
    ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『カーネーション―NELKEN』イメージビジュアル ©Ursula Kaufmann
  • ピナ・バウシュ ©Wilfried Krüger
    ピナ・バウシュ ©Wilfried Krüger
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く