イベントを探す?

  • 2017年4月1日(土)〜2017年7月2日(日)

『ヴォルス――路上から宇宙へ』

『無題』 1942/43年 DIC川村記念美術館 グァッシュ、インク、紙 14.0×20.0cm
『無題』 1942/43年 DIC川村記念美術館 グァッシュ、インク、紙 14.0×20.0cm

1913年にドイツ・ベルリンで生まれたヴォルスことアルフレート=オットー=ヴォルフガング・シュルツは、独学で絵画制作を始め、死後に芸術運動「アンフォルメル」の先駆者と称されるようになったアーティスト。1930年代にフランス・パリで写真家として活動した後、ドイツとフランスの戦争が始まり収容所を転々とする中で絵を描くことに没頭していったという。

『ヴォルス――路上から宇宙へ』展では、DIC川村記念美術館を中心に、国立国際美術館や大原美術館、横浜美術館、J・ポール・ゲティ美術館、東京都写真美術館と個人が収蔵するコレクションから、写真、水彩画、油彩画、銅版画、ヴォルスの言葉など約120点を紹介。ヴォルスが撮影した、画家で彫刻家のマックス・エルンストや作家のジャック・プレヴェールをはじめとする文化人のポートレートも出品される。

会場では城之内元晴監督の映画『WOLS』の上映を予定。会期中には同展監修者の千葉成夫による講演会『さすらいのなかで―ヴォルスの生涯と作品』や、大原美術館館長の高階秀爾による講演会『アンフォルメルとヴォルス』、作家の平野啓一郎のトークイベントが行なわれる。詳細はDIC川村記念美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

『ヴォルス――路上から宇宙へ』

2017年4月1日(土)~7月2日(日)
会場:千葉県 佐倉 DIC川村記念美術館
時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜
料金:一般1,300円 学生・65歳以上1,100円 小中高生600円
※5月5日は高校生以下無料

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表