イベントを探す?

  • 2017年4月8日(土)〜2017年6月11日(日)

『高橋コレクションの宇宙』

このたび熊本市現代美術館では「高橋コレクションの宇宙」を開催します。

精神科医・高橋龍太郎氏によって収集された高橋コレクションは、1990年代以降の日本の現代美術を主軸に据えたプライベートコレクションです。きっかけとなったのは、1960年代後半に草間彌生がニューヨークで行っていたベトナム反戦を訴えるパフォーマンス「ハプニング」を知ったことでした。同時代、最前線を全身全力で生きるアーティスト。それから30年後、高橋氏は初めて草間彌生の作品『No. 27』(1997)を手に入れました。以後も、高橋氏の日本の現代美術への興味は留まることなく、さらには日本人コレクターとしての使命感も芽生え、収集は加速していきます。そして、僅か数点だったコレクションは、「ネオテニー・ジャパン――高橋コレクション」(2008-10、霧島アートの森ほか巡回)を皮切りに、日本各地の美術館でも展覧会として開催される規模になりました。

本展では、2017年現在、2500点を超えるコレクションから、36作家、約120点を展示することで、今なお拡がりつづける高橋コレクションをご紹介します。(熊本市現代美術館ウェブサイトより)

『高橋コレクションの宇宙』

2017年4月8日(土)~6月11日(日)
会場:熊本県 熊本市現代美術館
時間:10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
参加作家:
会田誠
青山悟
淺井裕介
荒木経惟
石田尚志
梅津庸一
小沢剛
落合多武
加藤泉
金氏徹平
清川あさみ
草間彌生
鴻池朋子
小林孝亘
坂本夏子
さわひらき
志賀理江子
鈴木ヒラク
高木正勝
田口和奈
束芋
チームラボ
天明屋尚
内藤礼
奈良美智
名和晃平
西尾康之
蜷川実花
畠山直哉
町田久美
Mr.
宮永愛子
村上隆
村山留里子
森山大道
山口晃
休館日:火曜
料金:一般1,000円 シニア800円 学生500円
※中学生以下無料

続きを見る
  • 『高橋コレクションの宇宙』フライヤービジュアル表面
    『高橋コレクションの宇宙』フライヤービジュアル表面
  • 坂本夏子『冬(水仙)』2014 高橋コレクション ©Natsuko Sakamoto, courtesy of URANO
    坂本夏子『冬(水仙)』2014 高橋コレクション ©Natsuko Sakamoto, courtesy of URANO
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像