イベントを探す?

  • 2017年4月14日(金)〜2017年5月11日(木)

『リナ・ボ・バルディ展』

『リナ・ボ・バルディ展』フライヤービジュアル
『リナ・ボ・バルディ展』フライヤービジュアル

4−5月のCCCSCD galleryは、リナ・ボ・バルディ展を開催いたします。

母国イタリアでの第二次世界大戦を経て、32歳のリナは夫と共にブラジルへ渡ります。ジャーナリストという面も持ち、戦争を見つめ戦ったリナが降り立ったその新たな場所は、多民族で複雑な社会でありながらも、人々が大らかに歌い集う喜びを持つ国。彼女は、イタリア仕込みの合理的で繊細なモダニズム建築と、ブラジルの大らかで土着的なダイナミズムを融合させた独自の建築を作り出していきます。民衆のための建築と呼ばれる作品たちは、今なお多くの人に愛されています。

伝統や潮流に逆らい、たとえ醜いと評されたとしても、リナは一貫して『人々に使われるための空間』であることを大切にしてきました。一見大胆で自由なその建築は、そこを使う人々にとって彼らが社会や文化を作るための一助でありたいという謙虚な願いと、細やかな想像力、その土地への敬愛が生み出した、極めて繊細で血の通ったあたたかなものに感じられます。

「建築とは単なるユートピアではなく、みんなに成果をもたらすひとつの手段なのです。」リナのこの言葉は、これからの公共の場所づくりに対し、鋭くも期待を込めて響きます。

本展では、リナの作品に触れることを通じて、私たちみんなの場所をどう作っていくか、どう使っていくかを考えていきたいと思います。(プレスリリースより)

『リナ・ボ・バルディ展』

2017年4月14日(金)~5月11日(木)
会場:岡山県 CCCSCD gallery space
時間:10:00~19:00(土、日曜、祝日は9:00~19:00)
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年