イベントを探す?

  • 2017年4月15日(土)

『GIGI MASIN JAPAN TOUR 2017』新潟公演

イタリアの伝説的電子音楽作家Gigi Masin(ジジ・マシン)の待望の初来日!

1986年にデビューし、至高のアンビエント/ニューエイジ作品を世に放ち、BjorkやTo Rococo Rot等のサンプリング・ソースとしても名を馳せた生けるレジェンドの新潟公演がまさかの大決定。Music From Memoryからの編集再発盤を皮切りに活動を本格化させている巨匠を目撃するチャンスは「今」です。

共演には3年振りの待望の新作『Are Euphoria』を引っ提げてDustin Wong & Takako Minekawa(ダスティン・ウォング&嶺川貴子)が初めて新潟の地を踏みます。リアルタイムでカラフルに構築していくコズミック・トライバル・ポップの数々に息を呑むこと必至!そして3月のER#24に引き続き盟友Asuna(アスナ)も参戦。今回は毎回圧巻なソロでのパフォーマンスを披露!DJには新潟のアンダーグラウンドを体現するred race riot!のJacob(ヤコブ)をお迎えします。二度とない至福のラインナップを是非ともお見逃しなく!(experimental roomsウェブサイトより)

『GIGI MASIN JAPAN TOUR 2017』新潟公演

2017年4月15日(土)
会場:新潟県 砂丘館
出演:
GIGI MASIN
ダスティン・ウォング&嶺川貴子
ASUNA
DJ:JACOB
料金:前売4,000円 当日4,500円
※新潟県外からの入場者は3,500円
※18歳以下無料

続きを見る
  • 『GIGI MASIN JAPAN TOUR 2017』フライヤービジュアル
    『GIGI MASIN JAPAN TOUR 2017』フライヤービジュアル
  • GIGI MASIN
    GIGI MASIN
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開