イベントを探す?

  • 2017年4月15日(土)〜2017年5月14日(日)

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017』

世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。国内外の重要作家の貴重な写真作品や写真コレクションを、趣きのある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展示する本写真祭も、回を重ねるごとに好評を博し第4回までに約25万0000人の方にご来場いただき、2017年に第5回目を開催する運びとなりました。

2017年のテーマは「LOVE」です。人類はさまざまな形の愛のもと多様性を維持し、社会を形成しながら、子孫繁栄といういわば種の保存のための戦略をとり、自然界に存在しています。私たちが「愛」と呼ぶ感覚や概念は、宗教観、歴史、地域性、生活環境など、個々のバックグラウンドによりそれぞれ異なります。その差異や軋轢が、時に愛を憎悪へと反転させ、時に無関心という愛の大きな欠如となり、殺人、戦争、社会的弱者へのいわれのない暴力など、現代社会が抱える深刻な事態へと発展しさえします。

だからこそ私たち人類は、愛がいかに偉大で必要不可欠ものであるかを知り、いわば本能的に多種多様な愛を求めて止みません。(ルシール・レイボーズ、仲西 祐介コメント・『『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭』ウェブサイトより)

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017』

2017年4月15日(土)~5月14日(日)
会場:京都府 京都市内各所
参加作家:
アーノルド・ニューマン
山城知佳子
ジャダ・リパ
ハンネ・ファン・デル・ワウデ
イサベル・ムニョス
ラファエル・ダラポルタ
ルネ・グローブリ
ロバート・メイプルソープ
ヤン・カレン
荒木経惟
ザネレ・ムホリ
ほか

続きを見る
  • 『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017』イメージビジュアル Photography by TOILETPAPER: Maurizio Cattelan and Pierpaolo Ferrari.
    『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017』イメージビジュアル Photography by TOILETPAPER: Maurizio Cattelan and Pierpaolo Ferrari.
  • 荒木経惟『机上の愛』2016年 ©Nobuyoshi Araki, Courtesy of Taka Ishii Gallery
    荒木経惟『机上の愛』2016年 ©Nobuyoshi Araki, Courtesy of Taka Ishii Gallery
  • ハンネ・ファン・デル・ワウデ『Ben and Emmy in bed, series Emmy's World』2013年 ©Hanne van der Woude
    ハンネ・ファン・デル・ワウデ『Ben and Emmy in bed, series Emmy's World』2013年 ©Hanne van der Woude
  • agnés b. 写真コレクションより オリビア・ビー 『Pre-Kiss』 2010年 ©of the artist and Collection agnés b.
    agnés b. 写真コレクションより オリビア・ビー 『Pre-Kiss』 2010年 ©of the artist and Collection agnés b.
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開