イベントを探す?

  • 2017年4月21日(金)〜2017年7月2日(日)

『「水の三部作 2」アブラハム・クルズヴィエイガス展』

アブラハム・クルズヴィエイガス『Horizontes (Part 1 of 3)』2005, Acrylic enamel glossy pink paint and chalk-board green paint on 266 found objects, Dimensions variable, Courtesy of the artist and and kurimanzutto, Mexico City
アブラハム・クルズヴィエイガス『Horizontes (Part 1 of 3)』2005, Acrylic enamel glossy pink paint and chalk-board green paint on 266 found objects, Dimensions variable, Courtesy of the artist and and kurimanzutto, Mexico City

メキシコシティを拠点に活動するアブラハム・クルズヴィエイガスは、訪れた土地の素材を取り入れながら、石やダンボール、廃材、動物の排泄物、植物など、様々な素材を用いて制作を行なうアーティスト。「自己構築」を意味する「Autoconstruccion」という概念に基づき、場を解釈して即興的に制作する手法を用いている。これまでにイギリスのテートモダンやアメリカのウォーカーアートセンターなどで個展を行なったほか、『ドクメンタ』『ヴェネチア・ビエンナーレ』といった国際展にも参加している。

『水の三部作』は今年3か所で開催されるクルズヴィエイガスの一連の個展。東京での展示は第2章にあたる。日本で展開された建築運動「メタボリズム」やイサム・ノグチの家具にインスピレーションを受け、バックミンスター・フラーが提唱した「テンセグリティ」、フィボナッチ数といった構造概念を取り入れながら作られた新作インスタレーションを発表する。

『「水の三部作 2」アブラハム・クルズヴィエイガス展』

2017年4月21日(金)~7月2日(日)
会場:東京都 銀座メゾンエルメス
時間:11:00~20:00(日曜は19:00まで、入場は閉場の30分前まで)
休廊日:不定休
料金:無料

  • アブラハム・クルズヴィエイガス『Self portrait as a childish junkie living at the corner of Orizaba and Zacatecas Streetsjust after WWII』2012, Plastic crates, iron wire, wooden cart/chair, ribbon, cotton string, wooden bow, huarache sandal, rubber, mango wood, 219×116×46.5cm, Courtesy of the artist and and kurimanzutto, Mexico City
    アブラハム・クルズヴィエイガス『Self portrait as a childish junkie living at the corner of Orizaba and Zacatecas Streetsjust after WWII』2012, Plastic crates, iron wire, wooden cart/chair, ribbon, cotton string, wooden bow, huarache sandal, rubber, mango wood, 219×116×46.5cm, Courtesy of the artist and and kurimanzutto, Mexico City
  • アブラハム・クルズヴィエイガス『Empty Lot』2015, Mixed media, Dimensions variable, Photo: Andrew Dunkley ©TATE 2015 , Courtesy of the artist and and kurimanzutto, Mexico City
    アブラハム・クルズヴィエイガス『Empty Lot』2015, Mixed media, Dimensions variable, Photo: Andrew Dunkley ©TATE 2015 , Courtesy of the artist and and kurimanzutto, Mexico City
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー