イベントを探す?

  • 2017年4月28日(金)〜2017年5月7日(日)

『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2017』

宮城聰が芸術総監督を務めるSPAC-静岡県舞台芸術センターが主催する『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2017』。2000年に開始された『Shizuoka春の芸術祭』が名称を改め、『ふじのくに⇄せかい演劇祭』として2011年から毎年開催されている。

今回のラインナップは7作品。日本からはソポクレスのギリシャ悲劇を宮城聰が演出する『アンティゴネ ~時を超える送り火~』、タニノクロウ(庭劇団ペニノ)による新作『MOON』、リヒャルト・シュトラウスと皇紀2600年記念行事の関係を史実を交えて描く『1940―リヒャルト・シュトラウスの家―』が上演される。

また海外カンパニーによる日本初演作には、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの小説を脚色した一人芝居『ウェルテル!』、シリア・ダマスカスに生きる人々を描いたアラビア語作品『ダマスカス While I Was Waiting』、腹話術師の国際会議を題材にした『腹話術師たち、口角泡を飛ばす』、イタリアのピッポ・デルボーノが構成・演出・出演を手掛ける『六月物語』が並ぶ。なお『アンティゴネ ~時を超える送り火~』『MOON』の2作品は野外公演となる。

『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2017』

2017年4月28日(金)~5月7日(日)
会場:静岡県 静岡芸術劇場、舞台芸術公園、駿府城公園ほか
上演作品:
『アンティゴネ ~時を超える送り火~』(構成・演出:宮城聰、作:ソポクレス)
『MOON』(作・演出:タニノクロウ)
『ウェルテル!』(演出:ニコラス・シュテーマン、原作:ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ)
『ダマスカス While I Was Waiting』(演出:オマル・アブーサアダ、作:ムハンマド・アル=アッタール)
『腹話術師たち、口角泡を飛ばす』(演出:ジゼル・ヴィエンヌ、作:デニス・クーパー)
『六月物語』(構成・演出:ピッポ・デルボーノ)
『1940―リヒャルト・シュトラウスの家―』(演出:宮城聰、脚本:大岡淳)

続きを見る
  • 『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2017』ビジュアル
    『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2017』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で