イベントを探す?

  • 2017年5月2日(火)〜2017年5月3日(水)

Rosas『ファーズ―Fase』東京公演

Rosas『ファーズ―Fase』 ©Herman Sorgeloos
Rosas『ファーズ―Fase』 ©Herman Sorgeloos

1983年に振付家のアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルによって結成され、ベルギーを拠点に世界各地で上演を行なっているRosas。今回の来日公演では、ケースマイケルがRosas設立の前年にあたる1982年に発表した『ファーズ―Fase』と、7人のダンサーと7人の音楽家による『時の渦―Vortex Temporum』を上演する。

5月2日と3日に上演される『ファーズ―Fase』は、スティーヴ・ライヒ初期作品“Piano Phase”“Come Out”“Violin Phase”“Clapping Music”から構成された作品で、来日公演ではケースマイケル自身がステージに立つ。日本で同作が上演されるのは約15年ぶり。

Rosas
『ファーズ―Fase』東京公演

2017年5月2日(火)、5月3日(水・祝)全2公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場プレイハウス
出演:
アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
ターレ・ドルヴェン
音楽:スティーヴ・ライヒ
料金:S席5,500円 A席4,500円 高校生1,000円 25歳以下A席3,000円 65歳以上S席5,000円

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)