イベントを探す?

  • 2017年5月7日(日)〜2017年6月4日(日)

『妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」』東京公演

『妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」』ビジュアル
『妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」』ビジュアル

『妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」』の原作は手塚治虫によって1968年から『漫画サンデー』に連載された漫画『上を下へのジレッタ』。1960年代東京のマスコミ業界を舞台に、様々な人間の欲望を風刺し、現実と虚構を交えて描いた作品だ。野心に満ちた自称天才ディレクター・門前市郎と、彼が入り込む妄想世界「ジレッタ」が描かれる。

自身の欲望に飲み込まれて破滅していく主人公の門前役を演じるのは横山裕(関ジャニ∞)。脚本と演出を、原作の主人公のキャラクターが自身の作品世界に大きな影響をもたらしたという倉持裕(ペンギンプルペイルパイルズ)が手掛ける。同公演は「妄想歌謡劇」を掲げ、歌とダンスを取り入れた内容になるとのことだ。

『妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」』東京公演

2017年5月7日(日)~6月4日(日)全30公演
会場:東京都 渋谷 Bunkamura シアターコクーン
原作:手塚治虫
脚本・演出:倉持裕
音楽:宮川彬良
出演:
横山裕
中川翔子
浜野謙太
本仮屋ユイカ
小林タカ鹿
玉置孝匡
馬場徹
銀粉蝶
竹中直人
ほか
料金:S席11,500円 A席9,000円 コクーンシート6,000円

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)