イベントを探す?

  • 2017年5月13日(土)〜2017年9月10日(日)

『人形アニメーション作家 持永只仁』

日本における人形アニメーションの分野を切り拓いたとされるアニメーション作家の持永只仁。瀬尾光世の下でセルアニメーションを学び、1945年に渡った中国ではアニメーション制作の指導を行なった。帰国後は人形映画製作所を設立し、『ちびくろ・さんぼのとらたいじ』や、ティム・バートンにも影響を与えたという『怪物の狂宴』などの作品を発表。1999年に80歳で逝去した。

『人形アニメーション作家 持永只仁』は、「アニメーションへの志」「新生中国のために」「国産人形アニメーションの礎」「アメリカ・中国・日本―アニメーション交流の懸け橋」の4章構成からなる企画展。持永家に保管されていた人形をはじめ、制作資料、写真、映像など約350点と共に持永の生涯を辿る。さらに弟子のアニメーション作家・人形作家の川本喜八郎の作品も展示。会場では、持永らが編み出したストップモーションアニメーション独自の撮影方法の解説も行なわれる。

会期中には、映画・漫画評論家の小野耕世と持永の長女・伯子によるトークイベント『持永只仁―その国際性』や、中国・北京電影学院で持永から教えを受けた孫立軍と李剣平をゲストに招いたトークイベント『中国のアニメーションと持永只仁』、上映企画『人形アニメーション作家 持永只仁』などを開催。詳細はフィルムセンターのオフィシャルサイトで確認しよう。

『人形アニメーション作家 持永只仁』

2017年5月13日(土)~9月10日(日)
会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター
時間:11:00~18:30(入室は18:00まで)
休室日:月曜
料金:一般250円 大学生・65歳以上130円
※高校生以下および18歳未満、障がい者とその付添者1名は無料

続きを見る
  • 『人形アニメーション作家 持永只仁』ポスタービジュアル
    『人形アニメーション作家 持永只仁』ポスタービジュアル
  • 『ちびくろ・さんぼのとらたいじ』(1956年)より
    『ちびくろ・さんぼのとらたいじ』(1956年)より
  • 『ちびくろ・さんぼのとらたいじ』演出中の持永
    『ちびくろ・さんぼのとらたいじ』演出中の持永
  • 持永只仁
    持永只仁
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像