イベントを探す?

  • 2017年5月20日(土)

『世界の映画作家Vol. 185 幽玄の詩 アピチャッポン・ウィーラセタクン』

『ブンミおじさんの森』 ©Kick the Machine Films
『ブンミおじさんの森』 ©Kick the Machine Films

新文芸坐のオールナイトシリーズ『世界の映画作家』。今回はタイ出身の映画監督で美術家のアピチャッポン・ウィーラセタクンによる3作品を上映する。

ラインナップには、2つの病院を舞台にした2006年の作品『世紀の光』、死を前にした男性・ブンミとその家族たちの姿を映し、『第63回カンヌ国際映画祭』パルムドールに輝いた『ブンミおじさんの森』、原因不明の「眠り病」に罹った人々と、その看護をする女性たちの姿を描いた『光りの墓』が並ぶ。詳細は新文芸坐のオフィシャルサイトをチェックしよう。

『世界の映画作家Vol. 185 幽玄の詩 アピチャッポン・ウィーラセタクン』

2017年5月20日(土)
会場:東京都 池袋 新文芸坐
上映作品:
『世紀の光』(監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン)
『ブンミおじさんの森』(監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン)
『光りの墓』(監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン)
料金:前売・友の会2,100円 当日2,300円

続きを見る
  • 『光りの墓』 © Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geisendorfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
    『光りの墓』 © Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geisendorfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
  • 『世紀の光』 ©2006 Kick the Machine Films
    『世紀の光』 ©2006 Kick the Machine Films
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)