イベントを探す?

  • 2017年5月20日(土)〜2017年6月11日(日)

上村一夫原画展『劇画狂人フラグメント』

昭和最後の絵師と呼ばれた上村一夫。本展は、彼が遺した貴重な原画を中心に、その世界観に影響を与えた小村雪岱、葛飾北斎、竹久夢二らの作品集などの関連書籍も併せて展開いたします。フラグメントとは「断片」の意味を持ち、その人を構成するあらゆる断片的なるものは、互いに影響し合い熟成しながら昇華されます。上村一夫という天才絵師の断片から、オリジナリティ溢れる叙情とそそがれた情熱を少しでも感じていただければ幸いです。

また、「同棲時代」「狂人日記」「関東平野」「離婚倶楽部」といった代表作を中心に(※初版とは限りませんのでご注意ください)、できる限りの漫画作品(古書)をご用意し販売いたします。(nostos booksウェブサイトより)

上村一夫原画展
『劇画狂人フラグメント』

2017年5月20日(土)~6月11日(日)
会場:東京都 松陰神社前 nostos books
時間:12:00~20:00
定休日:水曜
料金:無料

  • 上村一夫原画展『劇画狂人フラグメント』チラシビジュアル表面
    上村一夫原画展『劇画狂人フラグメント』チラシビジュアル表面
  • 上村一夫原画展『劇画狂人フラグメント』チラシビジュアル裏面
    上村一夫原画展『劇画狂人フラグメント』チラシビジュアル裏面
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)