イベントを探す?

  • 2017年5月24日(水)〜2017年6月4日(日)

シベリア少女鉄道 vol.28『たとえば君がそれを愛と呼べば、僕はまたひとつ罪を犯す』

シベリア少女鉄道『たとえば君がそれを愛と呼べば、僕はまたひとつ罪を犯す』イメージビジュアル 画:ふみふみこ
シベリア少女鉄道『たとえば君がそれを愛と呼べば、僕はまたひとつ罪を犯す』イメージビジュアル 画:ふみふみこ

シベリア少女鉄道は1999年に旗揚げされた劇団。作・演出を担当する土屋亮一は、『ウレロ☆』シリーズや『LIFE!~人生に捧げるコント~』をはじめとするコント番組の脚本や、私立恵比寿中学の主演舞台『エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート』の作・演出などを手掛けている。

約1年ぶりの本公演となる『たとえば君がそれを愛と呼べば、僕はまたひとつ罪を犯す』に関して、土屋は「手でちぎって鼻くそで貼っ付けるような新しいハッピーエンドの形を模索したいです」とコメント。出演者には、2014年に『ミスヤングチャンピオン』グランプリに輝いた葉月、『ミスiD2017』のセミファイナリストである佐々木ゆきをはじめ、篠塚茜、風間さなえ、吉田友則、加藤雅人(ラブリーヨーヨー)、浅見紘至(デス電所)、小関えりか、川田智美、濱野ゆき子、大石将弘(ままごと、ナイロン100℃)、川井檸檬、安原健太が名を連ねている。イメージビジュアルを漫画家のふみふみこが担当している。

また、5月29日までの公演来場者には、「おたのしみコンテンツ入り特製クリアファイル」がプレゼントされる。詳細はシベリア少女鉄道のオフィシャルサイトをチェックしよう。

シベリア少女鉄道 vol.28
『たとえば君がそれを愛と呼べば、僕はまたひとつ罪を犯す』

2017年5月24日(水)~6月4日(日)全16公演
会場:東京都 赤坂RED/THEATER
作・演出:土屋亮一
出演:
篠塚茜
風間さなえ
吉田友則
加藤雅人(ラブリーヨーヨー)
浅見紘至(デス電所)
葉月
佐々木ゆき
小関えりか
川田智美
濱野ゆき子
大石将弘(ままごと、ナイロン100℃)
川井檸檬
安原健太
ほか
料金:4,000円

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生