イベントを探す?

  • 2017年5月27日(土)〜2017年7月17日(月)

『生誕120年 宇野千代展―華麗なる女の物語』

1897年に生まれ、1996年に98歳で逝去した宇野千代。小説家としてだけではなく、雑誌編集や着物のデザインなど多彩な活動を行なったほか、尾崎士郎、東郷青児、北原武夫、小林秀雄、青山二郎ら多くの文化人と恋愛や親交を重ねたことでも知られる。

千代の生誕120年を機に開催される『生誕120年 宇野千代展―華麗なる女の物語』では、作品の原稿や挿絵の原画、自身がデザインした着物や愛蔵品など約250点の資料を展示。

関連イベントとして、6月3日には『文芸漫談 シーズン4 in YOKOHAMA 宇野千代「色ざんげ」』を開催。小説家の奥泉光といとうせいこうが登壇する。参加方法については神奈川近代文学館のオフィシャルサイトをチェックしよう。

『生誕120年 宇野千代展―華麗なる女の物語』

2017年5月27日(土)~7月17日(月・祝)
会場:神奈川県 横浜 神奈川近代文学館
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(7月17日は開館)
料金:一般400円 65歳以上・20歳未満・学生200円 高校生100円
※中学生以下、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料

続きを見る
  • 宇野千代 1932年頃、自らデザインした着物を着て 写真提供:藤江淳子
    宇野千代 1932年頃、自らデザインした着物を着て 写真提供:藤江淳子
  • 『おはん(その三)』原稿 『文體』1949年7月号に掲載 個人蔵
    『おはん(その三)』原稿 『文體』1949年7月号に掲載 個人蔵
  • 晩年の宇野千代 写真提供:藤江淳子
    晩年の宇野千代 写真提供:藤江淳子
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー