イベントを探す?

  • 2017年6月8日(木)〜2017年7月9日(日)

新居上実『配置』

新居さんの作品では、紙片やチラシ、ビニール袋など、それなりに見慣れた『もの』がフレーム内に収まっています。それは明らかな作為によって配置されているとすぐに気づきますが、では、なぜそんな風に置いてあるのか?もの同士の関連は?――だんだんと違和や不思議さを感じ始め、観る者の視覚を揺さぶられます。

外部で起きる偶発性に委ねるストリートスナップとは対極で、作家は何もない空間にものとものを配置し、それをフレームという長方形で包囲することで、ある空間を立ち上がらせようとしています。一見、ポップ、またはグラフィカルにも見えますが、その奥には、平面にいかに三次元の空間を生み出すかという写真的なテーマが潜んでいるのです(菊田樹子コメント・プレスリリースより)

新居上実
『配置』

2017年6月8日(木)~7月9日(日)
会場:東京都 馬喰町 KanZan Gallery
時間:火~土曜12:00~19:30、日曜12:00~17:00
休館日:月曜
料金:無料

  • 新居上実『配置』イメージビジュアル
    新居上実『配置』イメージビジュアル
  • 新居上実『配置』イメージビジュアル
    新居上実『配置』イメージビジュアル
  • 新居上実『配置』イメージビジュアル
    新居上実『配置』イメージビジュアル
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)