イベントを探す?

  • 2017年6月14日(水)〜2017年9月4日(月)

『国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展』

『マーグ財団美術館の中庭に立つジャコメッティ』 Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)
『マーグ財団美術館の中庭に立つジャコメッティ』 Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

『国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展』が、東京・六本木の国立新美術館で開催される。

1901年に生まれ、1966年に没した彫刻家アルベルト・ジャコメッティ。細長く引き伸ばされた人物彫刻で知られ、アフリカやオセアニアの彫刻、キュビスム、シュルレアリスムなどの影響を受けた作品を制作した。哲学者の矢内原伊作をモデルにした作品も多く残されている。

日本で開催されるジャコメッティ展としては約11年ぶりとなる同展は、初期から晩年までの作品を紹介する回顧展。フランスのマーグ財団美術館のコレクションを中心に、代表的な彫刻作品をはじめ、油彩、素描、版画、記録写真など約135点を出品する。アメリカ・ニューヨークのチェース・マンハッタン銀行のためのモニュメントとして制作された晩年の大作『歩く男I』『女性立像II』『大きな頭部』も展示される

『国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展』

2017年6月14日(水)~9月4日(月)
会場:東京都 六本木 国立新美術館 企画展示室1E
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休館日:火曜
料金:一般1,600円 大学生1,200円 高校生800円
※中学生以下、障がい者とその付き添いの方1名は無料

続きを見る
  • アルベルト・ジャコメッティ『歩く男I』 1960年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)
    アルベルト・ジャコメッティ『歩く男I』 1960年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)
  • アルベルト・ジャコメッティ『犬、猫、絵画』 1954年 リトグラフ、ヴェランアルシュ紙 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Photo Claude Germain –Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)
    アルベルト・ジャコメッティ『犬、猫、絵画』 1954年 リトグラフ、ヴェランアルシュ紙 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Photo Claude Germain –Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)