イベントを探す?

  • 2017年6月15日(木)

『坂口恭平トークショー&ミニアコースティックライブ God is Paper-紙に感謝。描く 生きる 崖の途中の突起物』

建築家・作家・絵描き・踊り手・歌い手と幅広い活動をする坂口恭平。2016年11月より7ヶ月連続という驚異的なペースでの著作の刊行を行っている氏の最新のアウトプット手法であるドローイングをまとめた作品集が刊行される。『God is Paper』、その名の通り、紙があることで生き続けている作家の生の姿と声を体感できるトークショーとミニライブを開催します。(代官山 T-SITEウェブサイトより)

『坂口恭平トークショー&ミニアコースティックライブ God is Paper-紙に感謝。描く 生きる 崖の途中の突起物』

2017年6月15日(木)
会場:東京都 代官山蔦屋書店 1号館 2階 イベントスペース
出演:坂口恭平
料金:1,300円
※『God is Paper』付参加券も購入可

続きを見る
  • 坂口恭平『God is Paper』表紙
    坂口恭平『God is Paper』表紙
  • 坂口恭平
    坂口恭平
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)