イベントを探す?

  • 2017年6月15日(木)

都築響一×日野原健司『古今、気骨の編集者 蔦屋重三郎と都築響一の仕事力』

都築響一作品イメージビジュアル
都築響一作品イメージビジュアル

江戸時代の出版人であり、敏腕プロデューサー蔦屋重三郎。蔦重の愛称で親しまれたこの男は、浮世絵師 喜多川歌麿や東洲斎写楽を発掘し、世に送り出してきました。生まれは江戸の吉原。吉原で本屋を開いた後、出版業を拡大し、洒落本、黄表紙、絵本などなど次々とヒット作を打ち出しました。寛政の改革を機に摘発を受けるなど山も谷もあったようですが、それにもめげず出版人生を全うしました。

時は変わって、現代。自らを「圏外編集者」と名乗る都築響一さんは、「圏外」として無視されてしまいそうなもの、ひと、ことを発掘、編集、プロデュースされ、ご自身で「ROADSIDERS'weekly」というメールマガジン形式の雑誌を発行しています。最近ではUSB型の「電子書籍」を発売するなど、出版界/書籍の可能性を探り続けています。

時代こそ違えども、蔦屋重三郎と都築さんは、自らおもしろいことを見つけ、企画、発信をし、書籍/出版界に真正面から挑む気骨ある編集者たちと言えるでしょう。

今回は、都築響一さんとともに、原宿にある浮世絵専門美術館 太田記念美術館の学芸員 日野原健司さんを講師にお迎えして、蔦屋重三郎の生涯と仕事、浮世絵師たちとの交流、江戸時代の出版事情を学ぶとともに、都築さんのお仕事、書籍/出版に関する想いをお話いただきます。

さらに、気骨の編集者たちを通じてこれからの書籍、出版、そして本屋さんについても考える機会にしたいと思います。(銀座 蔦屋書店ウェブサイトより)

都築響一×日野原健司
『古今、気骨の編集者 蔦屋重三郎と都築響一の仕事力』

2017年6月15日(木)
会場:東京都 銀座 蔦屋書店
定員:50名
料金:3,000円

  • 都築響一
    都築響一
  • 日野原健司
    日野原健司
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー