イベントを探す?

  • 2017年6月16日(金)〜2017年6月18日(日)

『イメージフォーラム・フェスティバル2017』横浜会場

今年で31回目を迎える『イメージフォーラム・フェスティバル』。今回のテーマは「タンジブル・ドリーム 触れることのできる夢」となる。ポスターデザインは近田春夫が担当。

同イベントは、海外作品招待部門の「ニューフィルム・インターナショナル」、日本作品招待部門の「ニューフィルム・ジャパン」、一般公募部門の「ジャパン・トゥモロウ」、国内外の5作家に焦点を当てる特集上映「フィルム・メーカーズ・イン・フォーカス」で構成。東京会場では国内作品91本、海外作品45本の計136本を上映するほか、ビデオインスタレーション作品1点を展示する。さらに世界各地の映画祭、美術館のキュレーターによるトークイベント『ミート・ザ・キュレーター』も実施。

「ニューフィルム・インターナショナル」部門には、カセットテープの誕生秘話に迫ったザック・テイラー監督の『カセット:ドキュメンタリー・ミックステープ』や、ナレーションで長谷川博己が参加しているフィオナ・タンの作品『Ascent/アセント』、ハーバード大学感覚民族誌学研究所出身の作家たちによる『エル・マール・ラ・マール』、ミヒャエル・グラヴォガー監督のドキュメンタリー作品『ワーキング・マンズ・デス 労働者の死』などがラインナップ。

「ニューフィルム・ジャパン」部門では、ビジュアル・ブレインズによる『記憶のマチエール』や、太田曜の『Le Mur』、田中廣太郎『AST*RISK』、冠木佐和子のアニメーション作品『夏のゲロは冬の肴』、鈴木光のドキュメンタリー作品『Garden』、小池照男の『ECOSYSTEM-25- Black2』などを上映する。「ジャパン・トゥモロウ」部門では417作品の応募作品から選ばれた15作品をピックアップ。「フィルム・メーカーズ・イン・フォーカス」では、今井祝雄、中井恒夫、萩原朔美、芹沢洋一郎、ヘルシンキの映像作家パシ・スリーピング・ムルマキの作品を特集する。

上映作品やスケジュール、イベントの詳細はシアター・イメージフォーラムのオフィシャルサイトで確認しよう。

『イメージフォーラム・フェスティバル2017』横浜会場

2017年6月16日(金)~6月18日(日)
会場:神奈川県 横浜美術館 レクチャーホール
料金:
前売 特別鑑賞1回券800円
当日 1回券1,000円 4回券2,500円 フリーパス4,500円

続きを見る
  • 『イメージフォーラム・フェスティバル2017』ポスタービジュアル
    『イメージフォーラム・フェスティバル2017』ポスタービジュアル
  • 『Ascent/アセント』(監督:フィオナ・タン) Photo: 遠藤進 ©Fiona Tan
    『Ascent/アセント』(監督:フィオナ・タン) Photo: 遠藤進 ©Fiona Tan
  • 『カセット:ドキュメンタリー・ミックステープ』(監督:ザック・テイラー)
    『カセット:ドキュメンタリー・ミックステープ』(監督:ザック・テイラー)
  • 『エル・マール・ラ・マール』(監督:ジョシュア・ボネッタ、J・P・シニァデツキ)
    『エル・マール・ラ・マール』(監督:ジョシュア・ボネッタ、J・P・シニァデツキ)
  • 『ワーキング・マンズ・デス 労働者の死』(監督:ミヒャエル・グラヴォガー)
    『ワーキング・マンズ・デス 労働者の死』(監督:ミヒャエル・グラヴォガー)
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー