イベントを探す?

  • 2017年6月21日(水)

『ピンク・フロイド“ザ・ウォール”』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪

ピンク・フロイドの全世界で3000万枚以上を売り上げることとなる世界的名盤『ザ・ウォール』('79年作品)を元に映画化した作品。ほとんどセリフもなく映画は、このコンセプト・アルバム『ザ・ウォール』の収録楽曲で構成されていく。撮影ノートも35ページしかなく、アラン・パーカーによる「なぜ、(この作品に)脚本がいる。音楽に語らせろ!」という言葉が内容を象徴している。孤独・挫折・恐怖・狂気・・・・感情が入り乱れる強烈かつ壮大な歌詞、音楽、アニメーションも駆使した映像と総合芸術として構築された映画『ザ・ウォール』は、発表から35年を経過した今でも熱心な信奉者が絶えることがない。

元ピンク・フロイドの中心メンバー、ロジャー・ウォーターズの25年ぶりのニュー・アルバムを発表することや今年ピンク・フロイドのデビュー50周年(1967年8月デビュー)であることや5月よりロンドンV&A博物館でピンク・フロイド大回顧展「The Pink Floyd Exhibition: Their Mortal Remains」が開催されるなど、世界的にピンク・フロイド祭の様相となっている。そんなピンク・フロイドの来日公演は3回しか行われてなく、ロジャー・ウォーターズ/リチャード・ライト/ニック・メイスン/デヴィッド・ギルモアの4人での来日公演は72年の来日より45年行われていない。その重要な4人が作った音楽映像のシャワーを日本屈指のライヴハウスZepp DiverCityとZepp Nambaの『ダイナミックな音圧』『ライヴ級の大音量』『迫力の大画面』で、全身で浴びまくれる貴重な機会。Zepp DiverCityのセンターエリア・シートは完売となりました。

本作は、ここ数年日本では上映されておらず、この度奇跡的に上映が実現することになりました。次いつこの映画を劇場体験できるかわかりません。実現するかわかりませんが、せつな的白壁(ダンヴォール)プロジェクトも含めて、これが最初で最後の機会になります。絶対お見逃しなく!!(プレスリリースより)

『ピンク・フロイド“ザ・ウォール”』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪

会場
2017年6月21日(水) Zepp DiverCity(TOKYO)(東京都)
2017年6月21日(水) Zepp Namba(OSAKA)(大阪府)
公演期間
2017年6月21日(水)〜6月21日(水)
開場時間
2017年6月21日(水) 18:30
2017年6月21日(水) 18:30
開演時間
2017年6月21日(水) 19:30
2017年6月21日(水) 19:30
注意事項
3歳以上はチケット必要。2歳以下でも席が必要な場合はチケット必要。ドリンク代別途必要。公演内容に関する詳細はzepp-de-zekk@sonymusic.co.jpまで。
問い合わせ先
ソニー・ミュージックダイレクト
チケットぴあ より
  • 『ピンク・フロイド“ザ・ウォール”』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪イメージビジュアル
    『ピンク・フロイド“ザ・ウォール”』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪イメージビジュアル
  • 『ピンク・フロイド“ザ・ウォール”』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪イメージビジュアル
    『ピンク・フロイド“ザ・ウォール”』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪イメージビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年