イベントを探す?

  • 2017年6月24日(土)〜2017年6月30日(金)

『パレスチナ映画週間』

『パレスチナ映画週間』は、占領下にあるパレスチナの様子を伝える劇映画やドキュメンタリー作品など8作品を特集する上映企画。1967年6月の第三次中東戦争でイスラエルがパレスチナのガザ地区を占領してから今年で50年になる。

ラインナップには、自爆テロに向かう青年たちを描いたハニ・アブ・アサド監督作『パラダイス・ナウ』、『第66回カンヌ国際映画祭』ある視点部門審査員賞に輝いた同監督の『オマールの壁』をはじめ、パレスチナ難民を捉えた記録映画『我々のものではない世界』、パレスチナ人によるヒップホップグループ・DAMの活動を映した『自由と壁とヒップホップ』、日本人ジャーナリストの古居みずえが監督した『ぼくたちは見た ガザ・サムニ家の子どもたち』、土井敏邦監督による『沈黙を破る』などが並ぶ。

なお期間中には、パレスチナ問題の研究者・岡真理によるトークも実施。上映スケジュールやイベントの詳細は元町映画館のオフィシャルサイトをチェックしよう。

『パレスチナ映画週間』

2017年6月24日(土)~6月30日(金)
会場:兵庫県 神戸 元町映画館
上映作品:
『パラダイス・ナウ』(監督:ハニ・アブ・アサド)
『オマールの壁』(監督:ハニ・アブ・アサド)
『我々のものではない世界』(監督:マハディ・フレフェル)
『壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリンの叫び』(監督:イマード・ブルナート、ガイ・ダビディ)
『自由と壁とヒップホップ』(監督:ジャッキー・サルラム)
『Women in Struggle―目線―』(監督:ブサイナ・ホーリー)
『ぼくたちは見た ガザ・サムニ家の子どもたち』(監督:古居みずえ)
『沈黙を破る』(監督:土井敏邦)

続きを見る
  • 『パレスチナ映画週間』チラシビジュアル
    『パレスチナ映画週間』チラシビジュアル
  • 『パレスチナ映画週間』チラシビジュアル
    『パレスチナ映画週間』チラシビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年