イベントを探す?

  • 2017年6月30日(金)〜2017年7月2日(日)

2017年日印友好交流年記念事業 範宙遊泳 × The Tadpole Repertory『午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-』

範宙遊泳 × The Tadpole Repertory『午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-』イメージビジュアル
範宙遊泳 × The Tadpole Repertory『午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-』イメージビジュアル

私たち範宙遊泳は、2016年12月12日から2017年2月4日までインド・デリーに滞在し、現地の劇団The Tadpole Repertoryとコラボレーション作品の滞在制作、およびインド国内4都市(バンガロール/ムンバイ/プネ/デリー)ツアーを行いました。

この共同制作のきっかけは、TPAM in Yokohama 2014に参加した『幼女X』を、タドポールの演出家・ニールが観劇してくれたことにはじまります。終演後、マレーシア公演を即決してくれたプロデューサー・ユエンの隣で、「僕にはすぐに呼べるお金がないけれど、帰国したら君たちの作品が良かったと必ず伝えるよ」と言ってくれました。

それから1年後、国際交流基金ニューデリー日本文化センターから「日印友好交流年記念事業として2017年にタドポールとの共同制作を目指し、まずはインドを見に来ませんか?」と連絡をいただきました。2015年3月に演出家・山本と制作・坂本がリサーチとWSのために渡印。2016年1月には範宙遊泳単独公演として『われらの血がしょうたい』をケララ(ケララ国際演劇祭参加)とデリーで上演。2016年7月にはタドポールから俳優のビクラム・ゴーシュが来日し、東京・横浜・福島をリサーチ。出会いから約3年をかけ、丁寧に下地を整えいよいよ55日間の滞在制作ツアーへと発展させました。

本作は、異人種間がそれぞれの母語で会話しつつも、とくにそれに関するエクスキューズなしに舞台が進行する。つまり日本人は日本語を、インド人は英語やヒンディー語を喋りながら何事もないかのようにお互い普通に会話をしている、という構成になっています。全然違う価値観や生い立ちや言語を持った人たちが、それでも当たり前のように舞台上にはいる、という姿を描くことは、山本卓卓が長年やってみたかったことのひとつ。今まででもっとも範宙遊泳の活動理念に近い演劇の姿となりました。

お陰様で現地での評判も良く、お互い得るものの多い充実した共同制作で、インド公演の幕は閉じました。それから数ヶ月で日本公演実現の運びとなったのは、国際交流基金ニューデリー日本文化センターの全面協力と、会場を提供してくださる森下スタジオあってのことです。インドでうまれた国際共同制作作品、たった4回の貴重な上演となります。ぜひお見逃しないよう、ご期待くださいませ!(プレスリリースより)

2017年日印友好交流年記念事業
範宙遊泳 × The Tadpole Repertory
『午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-』

2017年6月30日(金)~7月2日(日)全4公演
会場:東京都 森下スタジオ Cスタジオ
作・演出:
山本卓卓(範宙遊泳)
ニール・チョードリ(タドポール・レパートリー)
出演:
椎橋綾那
ビクラム・ゴーシュ
福原冠
田中美希恵
ピユシュ・クマール
シャイク・シーバ
料金:
前売 一般3,000円 学生2,500円 高校生以下1,000円
当日 一般3,500円 学生3,000円 高校生以下1,000円

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年