イベントを探す?

  • 2017年7月1日(土)〜2017年8月20日(日)

『フジフイルム・フォトコレクション「私の1枚」日本の写真史を飾った101人』

最初の写真術ダゲレオタイプがパリで公表されたのは1839年でしたが、日本にその技術が伝来するのはそのわずか9年後、幕末の1848(嘉永元)年のことでした。幕末に写真が渡来してから150年余り、日本では多くの優れた写真家が作品を残してきました。本展ではその中でも特に重要な101人の写真家が撮影した「この1枚」と呼べる代表作を展示し、日本写真史の軌跡を紹介します。

日本写真の黎明期を支えたフェリーチェ・ベアトや下岡蓮杖の作品を筆頭に、写真に絵画的表現を追求した20世紀初頭の芸術写真、独立した芸術としての写真を目指した1930年代の新興写真、戦前戦後に活躍した林忠彦、植田正治、木村伊兵衛などが見せた多種多様な表現、そして今日現役で活動する写真家たちの作品など、日本写真史を語る上で欠かせない作品を展示します。

本展は日本写真史を通史的に概観する当館では初めての展覧会となります。デジタル写真の普及で写真が今まで以上に身近になった今こそ、急速ながら豊かな発展を続ける日本の写真史の流れを改めて見直します。(山梨県立美術館ウェブサイトより)

『フジフイルム・フォトコレクション「私の1枚」日本の写真史を飾った101人』

2017年7月1日(土)~8月20日(日)
会場:山梨県 山梨県立美術館
時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
出品作家:
秋山庄太郎
秋山亮二
荒木経惟
有田泰而
石内都
石元泰博
伊藤義彦
伊奈英次
入江泰吉
岩宮武二
植田正治
上田義彦
上野彦馬
潮田登久子
内田九一
江成常夫
大竹省二
大辻清司
大西みつぐ
岡田紅陽
小川一真
小川隆之
影山光洋
鹿島清兵衛
川田喜久治
鬼海弘雄
杵島隆
北井一夫
北島敬三
木之下晃
木村伊兵衛
日下部金兵衛
久保田博二
倉田精二
操上和美
桑原甲子雄
桑原史成
牛腸茂雄
今道子
齋藤亮一
坂田栄一郎
佐藤時啓
沢渡朔
塩谷定好
篠山紀信
柴田敏雄
島尾伸三
下岡蓮杖
十文字美信
白岡順
白簱史朗
鋤田正義
杉山守
鈴木清
須田一政
清家冨夫
瀬戸正人
高梨豊
竹内敏信
立木義浩
田中光常
田沼武能
田淵行男
田村彰英
築地仁
土田ヒロミ
東松照明
富山治夫
土門拳
長倉洋海
長野重一
中村征夫
奈良原一高
野町和嘉
ハービー・山口
芳賀日出男
濱谷浩
林忠彦
原直久
広川泰士
広田尚敬
深瀬昌久
福原信三
福原路草
普後均
フェリーチェ・ベアト
星野道夫
細江英公
前田真三
水越武
水谷章人
緑川洋一
南川三治郎
宮本隆司
三好耕三
森永純
森山大道
安井仲治
山崎博
山沢栄子
渡辺義雄
休館日:7月3日、7月10日、7月18日、7月24日、7月31日
料金:一般1,000円 大学生500円
※高校生以下無料
※障害者手帳提示で本人と介護者1名無料
※山梨県在住の65歳以上は無料

続きを見る
  • 篠山紀信『誕生』より 1967年 富士フイルム株式会社蔵
    篠山紀信『誕生』より 1967年 富士フイルム株式会社蔵
  • 荒木経惟『センチメンタルな旅』より 1971年 富士フイルム株式会社蔵
    荒木経惟『センチメンタルな旅』より 1971年 富士フイルム株式会社蔵
  • 木村伊兵衛『秋田おばこ 秋田・大曲』1953年 富士フイルム株式会社蔵
    木村伊兵衛『秋田おばこ 秋田・大曲』1953年 富士フイルム株式会社蔵
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)