イベントを探す?

  • 2017年7月1日(土)〜2017年7月14日(金)

『OP PICTURES+ フェス 2017』

『OP PICTURES+ フェス』は、1962年からピンク映画を制作している大蔵映画のレーベル「OP PICTURES+」の特集上映。同レーベルは通常R18+指定となるピンク映画を、エロティックな雰囲気を残しながらもドラマ部分を充実させ、R15+作品として上映している。

上映作には、昼は会社員、夜は売春婦として働く女性の恋愛模様を描く榊英雄監督作『コクウ』や、巨大なツチノコに夫を誘拐された妻の冒険を描くいまおかしんじ監督作『夫がツチノコに殺されました。』をはじめ、城定秀夫、竹洞哲也、山内大輔、吉行由実といった監督による10作品超がラインナップされている。

『OP PICTURES+ フェス 2017』

2017年7月1日(土)~7月14日(金)
会場:東京都 テアトル新宿
上映作品:
『サイコウノバカヤロウ』(監督:竹洞哲也)
『初恋とナポリタン』(監督:竹洞哲也)
『出会ってないけど、さようなら』(監督:竹洞哲也)
『私みたいな女』(監督:山内大輔)
『静寂に抱かれる女』(監督:山内大輔)
『コクウ』(監督:榊英雄)
『夫がツチノコに殺されました。』(監督:いまおかしんじ)
『プリンセス 甘く危険な休日』(監督:吉行由実)
『恋愛図鑑』(監督:竹洞哲也)
『方舟の女たち』(監督:城定秀夫)
『悦楽交差点』(監督:城定秀夫)
『舐める女』(監督:城定秀夫)

続きを見る
  • 『OP PICTURES+ フェス 2017』ティザーチラシビジュアル
    『OP PICTURES+ フェス 2017』ティザーチラシビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」