イベントを探す?

  • 2017年7月5日(水)〜2017年10月23日(月)

ASEAN設立50周年記念『サンシャワー:東南アジアの現代美術展1980年代から現在まで』東京会場

ジョンペット・クスウィダナント『言葉と動きの可能性』 2013年 原動機のないモーターバイク、旗 サイズ可変 所蔵:森美術館、東京
ジョンペット・クスウィダナント『言葉と動きの可能性』 2013年 原動機のないモーターバイク、旗 サイズ可変 所蔵:森美術館、東京

『サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで』は、東南アジアの現代美術の展覧会。

ASEAN(東南アジア諸国連合)の設立50周年を記念した企画となり、各国での現地調査に基づいて、1980年代以降のアートの発展を紹介する。ASEANの加盟国は、インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスの10か国で、現在の総人口はEUを超える6億人超となっている。

展示は国立新美術館と森美術館の2館にまたがる9セクションで構成され、国立新美術館では「うつろう世界」「情熱と革命」「アーカイブ」「さまざまなアイデンティティー」「日々の生活」の5つのテーマ、森美術館では「発展とその影」「アートとは何か?なぜやるのか?」「瞑想としてのメディア」「歴史との対話」の4つのテーマに沿って美術作品を展示する。なおタイトルの「サンシャワー」は東南アジア地域で多く見られる天気雨を表す単語で、同地域が経てきた紆余曲折の歴史を示唆する意図が込められているという。

ASEAN設立50周年記念
『サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで』東京会場

2017年7月5日(水)~10月23日(月)
会場:東京都 乃木坂 国立新美術館 企画展示室2E、六本木 森美術館
時間:
国立新美術館 10:00~18:00(金、土曜は21:00まで、入場は閉館の30分前まで)
森美術館 10:00~22:00(火曜は17:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休館日:国立新美術館 火曜
料金:
一般 2館共通券1,800円 単館券1,000円
大学生 2館共通券800円 単館券500円

続きを見る
  • イー・イラン『うつろう世界』(『偉人』シリーズより) 2010年 ミマキデジタル・インクジェット・プリント、酸性染料、ろうけつ・藍染め、絹 140.5×298cm Courtesy: Silverlens Galleries, Makati, The Philippines
    イー・イラン『うつろう世界』(『偉人』シリーズより) 2010年 ミマキデジタル・インクジェット・プリント、酸性染料、ろうけつ・藍染め、絹 140.5×298cm Courtesy: Silverlens Galleries, Makati, The Philippines
  • ホー・ルイ・アン『ソーラー:メルトダウン』 2014年~ ビデオ、デジタルプリント、ソーラー電池式玩具 60分 Courtesy: Maezawa Hideto; TPAM Performing Arts Meeting in Yokohama, 2016
    ホー・ルイ・アン『ソーラー:メルトダウン』 2014年~ ビデオ、デジタルプリント、ソーラー電池式玩具 60分 Courtesy: Maezawa Hideto; TPAM Performing Arts Meeting in Yokohama, 2016
  • コウ・グワンハウ『シュ・ティエシェン――アーカイブから見る作家の100年』 2014年 南洋理工大学CCAレジデンシー・スタジオ、シンガポールの印刷物、資料現物 サイズ可変 所蔵:シュ・ティエシェン&シンガポール・アート・アーカイブ・プロジェクト 撮影:Koh Nguang How
    コウ・グワンハウ『シュ・ティエシェン――アーカイブから見る作家の100年』 2014年 南洋理工大学CCAレジデンシー・スタジオ、シンガポールの印刷物、資料現物 サイズ可変 所蔵:シュ・ティエシェン&シンガポール・アート・アーカイブ・プロジェクト 撮影:Koh Nguang How
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー