イベントを探す?

  • 2017年7月7日(金)〜2017年9月10日(日)

百々俊二『A LIFE 1968-2017』

『花母(河瀬直美)』 ©Shunji Dodo
『花母(河瀬直美)』 ©Shunji Dodo

1968年、佐世保原子力空母エンタープライズ寄港阻止闘争。大きな時代のうねりに対して衝突するようにシャッターを切り続けた学生時代に、「写真家・百々俊二」はうまれる。以降50年間、そのときどう時代に触れ、どう感じていたか、レンズの先にあるものが人であれ風景であれ自然であれ何であれ、百々俊二の眼に写し出され切り取られた写真に存在するものは、“生”である。そしてそれと表裏一体にある死までもが描かれていることに気づかされる。百々の表現することへの欲求は止まることはない。

本展では、写真家・百々俊二の原点となる貴重な初期作品「佐世保」から新作のデジタル作品「春日山原始林」まで、50年もの長きにわたり種々様々な表現で生み出された作品群の中から、厳選された300点余りを展覧いたします。膨大な写真群によって浮かび上がる自身の私小説のような軌跡を、是非ともこの機会にご高覧ください。(プレスリリースより)

百々俊二
『A LIFE 1968-2017』

2017年7月7日(金)~9月10日(日)
会場:東京都 浜松町 Gallery 916
時間:平日11:00~20:00 土、日曜、祝日11:00~18:30
休廊日:月曜(祝日は開廊)
料金:一般800円 大学生・60歳以上500円 高校生300円
※中学生以下無料

続きを見る
  • 『沖縄 1969』 ©Shunji Dodo
    『沖縄 1969』 ©Shunji Dodo
  • 『佐世保原子力空母エンタープライズ寄港阻止闘争 1968』 ©Shunji Dodo
    『佐世保原子力空母エンタープライズ寄港阻止闘争 1968』 ©Shunji Dodo
  • 『日本海』 ©Shunji Dodo
    『日本海』 ©Shunji Dodo
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音