イベントを探す?

  • 2017年7月20日(木)〜2017年7月31日(月)

『マイケル・ソイ展』

『マイケル・ソイ展』イメージビジュアル
『マイケル・ソイ展』イメージビジュアル

赤道直下の国ケニア、主都ナイロビに在住の画家、マイケル・ソイ。本展が日本初個展となるソイは、ケニア大統領夫人や、ケニア出身アカデミー賞女優ルピタ・ニョンゴを始め、今や欧米各地からも注目を浴びる人気上昇中のアーティストです。

ひょうきんな顔立ちに健康的でいたずらなルックスがキャッチーなアフリカ女性。ポップな色使いのキャンバスの中に映える小麦色の肌。音楽で溢れる街ナイロビをグラフィカルかつ独特なタッチで描いたソイの作品は、クスッと笑えるユーモアの裏に、時にクールさや皮肉を内在した二面性も持ち合わせています。

また今回は、世界中にソイファンを生んだ「ソイ・バッグ」も販売予定。「僕のバッグはバッグではなく、アート。僕のアートを気軽に持ってもらえたら。」というひらめきから、彼自身がデザインし、キャンバス地にアクリル絵の具をのせたバッグは全て一点物。まさに持ち歩くアートです!彼のFacebookには“Happy Clients(ハッピークライアンツ)”と題するページが設けられ、世界各国のソイファンが、お気に入りのオリジナルバッグを持った姿を毎日のようにアップし、その輪を広げています!

ネイチャーセンス溢れる視点で切り取られた、エネルギッシュな人物たちやリズミカルな模様。そのユニークなキャンバスを見つめると、気付けば笑顔になっているはずです!この夏旬なアーティスト、マイケル・ソイの世界を、是非ご堪能ください。(Bunkamuraウェブサイトより)

『マイケル・ソイ展』

2017年7月20日(木)~7月31日(月)
会場:東京都 渋谷 Bunkamura Box Gallery
時間:10:00~19:30
料金:無料

  • 『マイケル・ソイ展』イメージビジュアル
    『マイケル・ソイ展』イメージビジュアル
  • 『マイケル・ソイ展』イメージビジュアル
    『マイケル・ソイ展』イメージビジュアル
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年