イベントを探す?

  • 2017年8月3日(木)〜2017年8月5日(土)

『追悼 映像作家・松本俊夫特集上映』

『薔薇の葬列』 ©1969 Matsumoto Production
『薔薇の葬列』 ©1969 Matsumoto Production

映像作家としての原点である前衛的なドキュメンタリー映画を撮る一方で、長編劇映画と並行して実験映画を制作し、日本の代表的な実験映画作家の一人である松本俊夫。2017年4月に逝去した松本の作品を特集上映し、劇映画、実験映画、ヴィデオ・アートなど、領域を横断する活動を振り返るとともに、その魅力をご紹介します。

上映作品は、劇場用長編第1作であり、ピーター(池畑慎之介)のデビュー作でもある「薔薇の葬列」、「実写映画化は不可能」と言われた日本文学史に残る奇書『ドグラ・マグラ』(1935年刊行)を斬新な映像美で見事、映画化した大傑作「ドグラ・マグラ」の劇映画2作品に加えて、実験映画10作品を上映します。

なお、8月3日には立命館大学映像学部の准教授・川村健一郎氏を迎えるトークを開催予定です。詳しくはオフィシャルサイトを御覧ください。(神戸アートビレッジセンターウェブサイトより)

『追悼 映像作家・松本俊夫特集上映』

2017年8月3日(木)~8月5日(土)
会場:兵庫県 神戸アートビレッジセンター
上映作品:
『薔薇の葬列』
『ドグラ・マグラ』
『銀輪』
『西陣』
『つぶれかかった右眼のために』
『メタスタシス=新陳代謝』
『モナ・リザ』
『色即是空』
『アートマン』
『エニグマ=謎』
『シフト=断層』
『エングラム=記憶痕跡』
料金:一般1,300円 学生・シニア1,100円

続きを見る
  • 『薔薇の葬列』 ©1969 Matsumoto Production
    『薔薇の葬列』 ©1969 Matsumoto Production
  • 『つぶれかかった右眼のために』
    『つぶれかかった右眼のために』
  • 『つぶれかかった右眼のために』
    『つぶれかかった右眼のために』
  • 『ドグラ・マグラ』 ©1988 KATSUJIN DO CINEMA
    『ドグラ・マグラ』 ©1988 KATSUJIN DO CINEMA
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年