イベントを探す?

  • 2017年8月12日(土)〜2017年8月25日(金)

『変態アニメーションナイト2017』

2012年から開催されている『変態アニメーションナイト』は、国内外の「変な」短編アニメーションを紹介する上映企画。今回は「ポップに狂ってる」をテーマに据え、ピーター・ミラードの『ピーターとアルファベット6人の神様』や、ロバート・モーガンの『この写真の片隅に』、エイミー・ロックハートの『ジェシカ』、ダナ・シンクの『愛・ボール』シリーズなどを上映する。プログラムの選定は同イベントの発案者・土居伸彰(ニューディアー)が担当する。

また12月には東京・なかのZEROをはじめ、全国の数か所で上映イベント『変態アニメーションナイト ザ・ツアー』を開催。土居とアニメーション作家の水江未来がMCを務める。

『変態アニメーションナイト2017』

2017年8月12日(土)~8月25日(金)
会場:東京都 ヒューマントラストシネマ渋谷

上映作品:
『スペース・スタリオンズ』(監督:ソーバルダー・グンナーソンほか)
『ピーターとアルファベット6人の神様』(監督:ピーター・ミラード)
『レッツコリツ』(監督:ひめだまなぶ)
『この写真の片隅に』(監督:ロバート・モーガン)
『ジル』(監督:リリ・カレ)
『サニー・アフタヌーン』(監督:トマス・レノルドナー)
『愛・ボール』(監督:ダナ・シンク)
『愛・ボール パート2』(監督:ダナ・シンク)
『炎・ボール』(監督:ダナ・シンク)
『命・ボール』(監督:ダナ・シンク)
『ジェシカ』(監督:エイミー・ロックハート)
『おかあさんにないしょ』(監督:冠木佐和子)
『バカ!』(監督:イマニュエル・ワーグナー)
『自転車』(監督:ダナ・シンク)
『◯力』(監督:ダナ・シンク)
『アッティラ』(監督:ブルース・ビックフォード)
『アンハッピー・ハッピー』(監督:ピーター・ミラード)
『ウィンク・ラビット』(監督:ホン・ハクスン)
『ボム』(ピーター・ミラード)
上映時間:100分
料金:前売1,500円
※限定クリアファイル付き

続きを見る
  • 『変態アニメーションナイト ザ・ツアー』ビジュアル
    『変態アニメーションナイト ザ・ツアー』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamuraオーチャードホール ヴェルディ:オペラ『オテロ』(演奏会形式) 最新PR動画

映像演出にライゾマティクスリサーチを迎え、9月8日、10日と上演されるオペラ『オテロ』(演奏会形式)の最新動画。オーチャードホールの天井の高いオーチャードホールのシェルター型反響板の壁面全体に映し出されるのは指揮者アンドレア・バッティストーニの両腕から解析した映像。まさに「誰もみたことのない『オテロ』」が観られるはず。(宮原)