イベントを探す?

  • 2017年8月12日(土)〜2017年8月25日(金)

『夏のジャック・タチ特集』

『プレイタイム』 ©Les Films de Mon Oncle - Specta Films C.E.P.E.C.
『プレイタイム』 ©Les Films de Mon Oncle - Specta Films C.E.P.E.C.

『夏のジャック・タチ特集』は、ジャック・タチ監督の長編6本と短編5本を上映する特集企画。

上映作品には、フランス・パリ東部に建設された巨大なセットである近未来的都市「タチ・ヴィル」を舞台にアメリカ人観光客バーバラと、タチ監督が演じるユロの邂逅を描く『プレイタイム』をはじめ、『アカデミー賞』外国語映画賞、『カンヌ国際映画祭』審査員特別賞を受賞した『ぼくの伯父さん』、本格的な長編映画デビュー作となった『のんき大将 脱線の巻』などがラインナップしている。

『プレイタイム』を除く長編作品は短編と併映。『ぼくの伯父さん』はタチの娘ソフィー・タチシェフ監督の短編『家族の味見』とセットで上映される。

『夏のジャック・タチ特集』

2017年8月12日(土)~8月25日(金)
会場:東京都 ユジク阿佐ヶ谷
上映作品:
『プレイタイム』(監督:ジャック・タチ)
『ぼくの伯父さん』(監督:ジャック・タチ)
『家族の味見』(監督:ソフィー・タチシェフ)
『トラフィック』(監督:ジャック・タチ)
『陽気な日曜日』(監督:ジャック・タチ)
『パラード』(監督:ジャック・タチ)
『乱暴者を求む』(監督:シャルル・バロワ)
『のんき大将 脱線の巻』(監督:ジャック・タチ)
『郵便配達の学校』(監督:ジャック・タチ)
『ぼくの伯父さんの休暇』(監督:ジャック・タチ)
『ぼくの伯父さんの授業』(監督:ニコラス・リボフスキー)
料金:一般1,300円 学生・シニア1,100円 会員1,000円

続きを見る
  • 『ぼくの伯父さん』 ©Les Films de Mon Oncle - Specta Films C.E.P.E.C.
    『ぼくの伯父さん』 ©Les Films de Mon Oncle - Specta Films C.E.P.E.C.
  • 『トラフィック』 ©Les Films de Mon Oncle - Specta Films C.E.P.E.C.
    『トラフィック』 ©Les Films de Mon Oncle - Specta Films C.E.P.E.C.
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)