イベントを探す?

  • 2017年9月3日(日)〜2017年9月18日(月)

『渡邉庸平:猫の肌理、雲が裏返る光』

渡邉庸平『猫の肌理、雲が裏返る光』映像  2017 ©Yohei Watanabe
渡邉庸平『猫の肌理、雲が裏返る光』映像 2017 ©Yohei Watanabe

このたび9/3より展覧会「渡邉庸平:猫の肌理、雲が裏返る光」を駒込倉庫にて開催いたします。作家の初個展となる本展では、新作となる映像作品、アニメーション、図、立体を展示空間に合わせ構成し、インスタレーションとして発表いたします。

渡邉庸平は1990年福島県生まれ、現在東京芸術大学大学院修士過程在籍中。現代のメディア環境を背景に、人間の身体性や想像力の在り方に関心を寄せ作品を制作してきました。彼のアプローチはSF的であり、生々しく、そしてロマンチックな想像力に貫かれています。

いち早く私たちの生活をグリッド化した「カレンダー」は、地球と太陽の関係という天文学的なスケールから生み出され、人間の生理的なリズムと関係を結んでいます。渡邉は「カレンダー」を本展の主要なモチーフとして扱うことで、日常で見かける何気ない猫の仕草から時空間の衝突までを連ねる、ひとつの経験のモデルを提示しようと試みます。

また本展はインディペンデント・キュレーターの飯岡陸の企画により開催されるものです。飯岡は昨年開催した展覧会「新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシーン」において、迎英里子、小林健太、PUGMENT、大崎晴地を起用し、人間の生を取り囲む環境的・制度的な条件について考察を行いました。本展でも、こうした関心から作家との協働により展覧会を立ち上げます。

現実にあるものだけを扱いながら、大きなスケールの秩序を作り上げようとする思考=展覧会にぜひ足をお運びください。(プレスリリースより)

『渡邉庸平:猫の肌理、雲が裏返る光』

2017年9月3日(日)~9月18日(月)
会場:東京都 駒込 駒込倉庫
時間:12:00~19:00
休廊日:火曜
料金:無料

アーティストトーク
2017年9月10日(日)
会場:東京都 駒込 駒込倉庫
登壇:
渡邉庸平
兼平彦太郎
料金:無料

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』