イベントを探す?

  • 2017年9月11日(月)〜2017年11月30日(木)

『「ダリの挿絵版画」―絵を読む、物語を見る。』

『「ダリの挿絵版画」―絵を読む、物語を見る。』メインビジュアル
『「ダリの挿絵版画」―絵を読む、物語を見る。』メインビジュアル

展覧会『「ダリの挿絵版画」―絵を読む、物語を見る。』は、サルバドール・ダリが物語の挿絵として制作した版画作品を3章構成で紹介。第1章ではミゲル・デ・セルバンテスの『ドン・キホーテ』をモチーフに、インク入りの弾丸を火縄銃でキャンパスに撃つという技法「銃弾主義」で制作された版画12点を展示する。第2章ではプロスペル・メリメの小説を下敷きにしたジョルジュ・ビゼー作曲のオペラ『カルメン』の印象を描いた25点を、第3章ではダンテ・アリギエーリの叙事詩『神曲』をテーマに、イタリア政府の依頼で制作された挿絵をそれぞれ展示する。会場では原作の文章からの引用や、ダリの用いた特殊な制作手法の解説も行なわれる。

諸橋近代美術館では、コレクション展『シュルレアリスムとダリ』も同時開催。会期中にはギャラリートークや絵画教室、講演会、パエリアの無料提供イベントなどが実施される。詳細は諸橋近代美術館のオフィシャルサイトをチェックしよう。

『「ダリの挿絵版画」―絵を読む、物語を見る。』

2017年9月11日(月)~11月30日(木)
会場:福島県 北塩原 諸橋近代美術館
時間:9:30~17:30(11月は17:00まで、入館は閉館30分前まで)
料金:一般950円 高校・大学生500円
※中学生以下は無料

続きを見る
  • 『「ダリの挿絵版画」―絵を読む、物語を見る。』イメージビジュアル サルバドール・ダリ『ダンテ「神曲」煉獄篇』1960~63年
    『「ダリの挿絵版画」―絵を読む、物語を見る。』イメージビジュアル サルバドール・ダリ『ダンテ「神曲」煉獄篇』1960~63年
  • 『「ダリの挿絵版画」―絵を読む、物語を見る。』イメージビジュアル サルバドール・ダリ『ベアトリーチェ』1966年
    『「ダリの挿絵版画」―絵を読む、物語を見る。』イメージビジュアル サルバドール・ダリ『ベアトリーチェ』1966年
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)